menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年中の会計監査人の交代は118社
  2. 確定申告の時期ですが、電商チームの調査があることを意識しましょう
  3. RPA導入側の会計処理
  4. スマホの耐用年数は何年?
  5. 会計監査担当者のインターバル期間が改正予定
  6. 税効果注記公開草案どおり決着したようです
  7. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?
  8. ICOの会計処理事例
  9. 労働保険料の概算保険料の損金算入時期
  10. 「資本の払い戻し部分」に「利益配当」が含まれる結果となれば政令は違法・…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

成長するということ

明けましておめでとうございます。
ブログを今年からはじめます。何故ブログを始めることになったのかについては後日書かせてもらいます。

会計士として働き始めた頃、会計士の先輩が当時の三次試験の面接で「失われた10年」についいて聞かれたと言っていたことを思い出した。あれから10年以上が経過し、「失われた10年」は「失われた20年」と言われるようになった。

米国と貿易摩擦が問題になっていたころ、ジャパンバッシングという言葉をニュースでよく聞いた気がする。それがジャパンパッシングとなり、いまはジャパンナッシングというらしい。うまいことを言うものだと感心してしまったが、やはり日本のこの状況は危機的だと思う。

大学生の就職希望先のトップは、近年の不況を反映して公務員がトップというからちょっとびっくりする。確かに昔から公務員は安定した職業として人気はあったと思うが、今の日本の財政状態を考えてもなお公務員を希望する人が多いというのは驚きだ。少なくとも「安定」という意味で公務員を選択するのは間違いではないかと思う。
もちろん、日本の財政状態をなんとかしたいというような高い志をもった若者が公務員を目指すのは大歓迎である。

なんとなく日本の未来は暗い。
だからといって暗くなっていてもしょうがない。すくなくとも自分は1年後、3年後、5年後と成長し続けていきたい。自分の成長が周りの人の成長につながっていけば、日本も再び成長するなんてことが実現できればいいですね。

日々成長

関連記事

  1. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響

  2. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  3. 韓国哨戒艦沈没事件の真相?

  4. 通販で買ったコンタクトが届きました-ワンデーアクエアプロシー(p…

  5. 浜岡原発停止の疑問点

  6. 「心を上手に透視する方法」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る