menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  2. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  3. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  4. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  5. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  6. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  7. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  8. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  9. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
  10. 介護人材1万人受け入れというけれど、社会保険も気になる
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

成長するということ

明けましておめでとうございます。
ブログを今年からはじめます。何故ブログを始めることになったのかについては後日書かせてもらいます。

会計士として働き始めた頃、会計士の先輩が当時の三次試験の面接で「失われた10年」についいて聞かれたと言っていたことを思い出した。あれから10年以上が経過し、「失われた10年」は「失われた20年」と言われるようになった。

米国と貿易摩擦が問題になっていたころ、ジャパンバッシングという言葉をニュースでよく聞いた気がする。それがジャパンパッシングとなり、いまはジャパンナッシングというらしい。うまいことを言うものだと感心してしまったが、やはり日本のこの状況は危機的だと思う。

大学生の就職希望先のトップは、近年の不況を反映して公務員がトップというからちょっとびっくりする。確かに昔から公務員は安定した職業として人気はあったと思うが、今の日本の財政状態を考えてもなお公務員を希望する人が多いというのは驚きだ。少なくとも「安定」という意味で公務員を選択するのは間違いではないかと思う。
もちろん、日本の財政状態をなんとかしたいというような高い志をもった若者が公務員を目指すのは大歓迎である。

なんとなく日本の未来は暗い。
だからといって暗くなっていてもしょうがない。すくなくとも自分は1年後、3年後、5年後と成長し続けていきたい。自分の成長が周りの人の成長につながっていけば、日本も再び成長するなんてことが実現できればいいですね。

日々成長

関連記事

  1. 今日はお休みします・・・

  2. 日本の政治はどうすればよくなるのか

  3. 仕事始め

  4. 尖閣諸島問題

  5. 海外で預金を引き出せる”Money T”…

  6. 通販で買ったコンタクトが届きました-ワンデーアクエアプロシー(p…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る