menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 過度の私的なチャットに要した時間も労働時間?
  2. 共有持分の放棄により取得した資産を譲渡したときの譲渡所得計算時の取得費…
  3. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)
  4. 数年前の慶弔見舞金申請があった場合、会社は支払わなければならないか?
  5. 2017年1月~10月のIPO-市場・業種・監査人の傾向は変わらず
  6. 平成30年税制改正要望の自社株対価TOBは親会社株式も対象になる可能性…
  7. 平成29年度税制改正後も1円ストックオプションは損金算入OKとありまし…
  8. マイナス金利下の退職給付債務の割引率は3月以降も延長されるようです
  9. 役員給与過大認定の審判所の着眼点とは?
  10. 一部の新興国等ではPEなくても国内源泉所得として事業所得に課税
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

成長するということ

明けましておめでとうございます。
ブログを今年からはじめます。何故ブログを始めることになったのかについては後日書かせてもらいます。

会計士として働き始めた頃、会計士の先輩が当時の三次試験の面接で「失われた10年」についいて聞かれたと言っていたことを思い出した。あれから10年以上が経過し、「失われた10年」は「失われた20年」と言われるようになった。

米国と貿易摩擦が問題になっていたころ、ジャパンバッシングという言葉をニュースでよく聞いた気がする。それがジャパンパッシングとなり、いまはジャパンナッシングというらしい。うまいことを言うものだと感心してしまったが、やはり日本のこの状況は危機的だと思う。

大学生の就職希望先のトップは、近年の不況を反映して公務員がトップというからちょっとびっくりする。確かに昔から公務員は安定した職業として人気はあったと思うが、今の日本の財政状態を考えてもなお公務員を希望する人が多いというのは驚きだ。少なくとも「安定」という意味で公務員を選択するのは間違いではないかと思う。
もちろん、日本の財政状態をなんとかしたいというような高い志をもった若者が公務員を目指すのは大歓迎である。

なんとなく日本の未来は暗い。
だからといって暗くなっていてもしょうがない。すくなくとも自分は1年後、3年後、5年後と成長し続けていきたい。自分の成長が周りの人の成長につながっていけば、日本も再び成長するなんてことが実現できればいいですね。

日々成長

関連記事

  1. 3年目に突入

  2. 2012年を振り返って

  3. 「心を上手に透視する方法」とは?

  4. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

  5. ANAカードで貯めたマイルをeクーポンへ

  6. 象印の炊飯器「南部鉄器 極め羽釜」はいい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る