menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

成長するということ

明けましておめでとうございます。
ブログを今年からはじめます。何故ブログを始めることになったのかについては後日書かせてもらいます。

会計士として働き始めた頃、会計士の先輩が当時の三次試験の面接で「失われた10年」についいて聞かれたと言っていたことを思い出した。あれから10年以上が経過し、「失われた10年」は「失われた20年」と言われるようになった。

米国と貿易摩擦が問題になっていたころ、ジャパンバッシングという言葉をニュースでよく聞いた気がする。それがジャパンパッシングとなり、いまはジャパンナッシングというらしい。うまいことを言うものだと感心してしまったが、やはり日本のこの状況は危機的だと思う。

大学生の就職希望先のトップは、近年の不況を反映して公務員がトップというからちょっとびっくりする。確かに昔から公務員は安定した職業として人気はあったと思うが、今の日本の財政状態を考えてもなお公務員を希望する人が多いというのは驚きだ。少なくとも「安定」という意味で公務員を選択するのは間違いではないかと思う。
もちろん、日本の財政状態をなんとかしたいというような高い志をもった若者が公務員を目指すのは大歓迎である。

なんとなく日本の未来は暗い。
だからといって暗くなっていてもしょうがない。すくなくとも自分は1年後、3年後、5年後と成長し続けていきたい。自分の成長が周りの人の成長につながっていけば、日本も再び成長するなんてことが実現できればいいですね。

日々成長

関連記事

  1. 2012年を振り返って

  2. 需給逼迫による計画停電の実施と一層の節電のお願いについて

  3. ANAカードを上回る還元率って?-漢方スタイルクラブカード

  4. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  5. 「心を上手に透視する方法」とは?

  6. 大前研一氏による原発問題解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る