menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に関する…
  2. 法律を読む技術・学ぶ技術(その2)
  3. 法律を読む技術・学ぶ技術(その1)
  4. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  5. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  6. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  7. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  8. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  9. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  10. 資本金1円の上場企業が急増?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

信号を待つ

赤信号が青になるのを待っているときに、ふと思いました。
「たくさんの人々が、赤信号が青になるのを待っている」って英語でなんて言うんだろう?

ここでぱっと、英語が口からでてくるかどうかが英語が話せるということにつながるのだろう思いますがなかなか難しいです。

私の場合、Many people are waiting for the traffic light・・・ と考えて、「ん?」この後”to change”っていう使い方ができるんだっけ?と考えてフリーズしてしまいました。

それで、英語の辞書を調べてみたら、wait for A to do で「A<人・物・事>が・・・するのを待つ」という使い方ができ、例の一つとして、「信号を待つ」・・・”?waiting for the traffic light(s) to change”が載っていました。

結局のところ、”Many people are waiting for the traffic light to change.”でいいのかなと思います。「赤信号が青に」というのを訳そうとすると”Many people are waiting until the the red light changes to green.”というようになるんでしょうか。

インターネットで検索してみると、単に”Many people are waiting for green light.”でいいようです。書いてみると簡単な文章ですが、とっさに出てくるようにするには訓練しかないんでしょうね。

とりあえず、練習するための素材として、英語学習について書かれていた書籍で勧められていた以下の本を購入してみました。簡単な英訳をスピーディーにこなせるように練習するというコンセプトで作成されているので、とりあえずやってみます。

日々成長

関連記事

  1. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  2. 伝説のスピーチで英語を学ぶ

  3. 無料英文チェッカ-「Ginger」の日本上陸

  4. スーパーエルマー・・・結構役に立つ英語教材

  5. Rosetta Stoneをはじめてみました

  6. 英語を正しく読む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る