menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日産自動車の経営者って・・・
  2. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  3. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  4. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  5. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  6. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  7. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  8. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  9. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
  10. 落ち着いたかと思いきや定率法から定額法への変更が増加
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

信号を待つ

赤信号が青になるのを待っているときに、ふと思いました。
「たくさんの人々が、赤信号が青になるのを待っている」って英語でなんて言うんだろう?

ここでぱっと、英語が口からでてくるかどうかが英語が話せるということにつながるのだろう思いますがなかなか難しいです。

私の場合、Many people are waiting for the traffic light・・・ と考えて、「ん?」この後”to change”っていう使い方ができるんだっけ?と考えてフリーズしてしまいました。

それで、英語の辞書を調べてみたら、wait for A to do で「A<人・物・事>が・・・するのを待つ」という使い方ができ、例の一つとして、「信号を待つ」・・・”?waiting for the traffic light(s) to change”が載っていました。

結局のところ、”Many people are waiting for the traffic light to change.”でいいのかなと思います。「赤信号が青に」というのを訳そうとすると”Many people are waiting until the the red light changes to green.”というようになるんでしょうか。

インターネットで検索してみると、単に”Many people are waiting for green light.”でいいようです。書いてみると簡単な文章ですが、とっさに出てくるようにするには訓練しかないんでしょうね。

とりあえず、練習するための素材として、英語学習について書かれていた書籍で勧められていた以下の本を購入してみました。簡単な英訳をスピーディーにこなせるように練習するというコンセプトで作成されているので、とりあえずやってみます。

日々成長

関連記事

  1. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  2. 無料英文チェッカ-「Ginger」の日本上陸

  3. 伝説のスピーチで英語を学ぶ

  4. スーパーエルマー・・・結構役に立つ英語教材

  5. 英語を正しく読む

  6. 「日本人の9割に英語はいらない」を読んで考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る