menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成23 年度税制改正大綱

少し時間があったので、昨年の12月16日に閣議決定された「平成23 年度税制改正大綱」をぱらぱらと見ていたら、今回の税制改正の基本的な考え方として以下のように述べられていました。

「我が国財政は、少子高齢化の進行による社会保障関係費の増大、度重なる減税と景気低迷に伴う税収減などが相まって危機的状況にあり、税収力の回復が喫緊の課題となっています。」と。
やっぱり、どう考えても「危機的」ですよね。その割に、パフォーマンスとしか思えない事業仕分を何回もやってみたり、バラマキと揶揄される政策をとっている意味がよくわかりません。

まあ、それはさておき、私の業務に関係がありそうな法人税改正の中身を見ていくと、「改革の取組み」として以下の6項目が掲げられていました。項目と簡単な内容を示します。

①法人実効税率の引き下げ
法人税率を30%から25.5%に引き下げ、地方税と合わせて実効税率を5%引き下げる。

②中小法人に対する軽減税率の引き下げ
平成22 年度末に期限切れを迎える中小法人に対する18%の軽減税率を15%に引き下げる。

③雇用促進税制
雇用を一定以上増やした企業に対する税制上の優遇措置を創設するともに、育児支援や障害者雇用促進のための税制上の優遇措置の創設・拡充を行う。

④環境関連促進税制
先進的な低炭素・省エネ設備への投資に対し、税制上の優遇措置を講じる

⑤総合特区制度・アジア拠点化推進のための税制
国際戦略総合特別区域(仮称)における成長産業や外資系企業等の集積を促進するため、税制上の支援措置を創設する。さらに、グローバル企業のアジア地域統括拠点や研究開発拠点等を呼び込むための税制上の支援措置を創設する。

⑥租税特別措置(国税)の見直し
政策税制措置について109 項目の見直しを行い、その結果として、50 項目を廃止又は縮減する。

より詳細な内容については次回以降見ていくことにします。

日々成長

関連記事

  1. 税制改正の影響で交際費支出が増加?

  2. 「スキャナ保存」の落とし穴?-民事裁判での証拠力は・・・

  3. 200%定率法の経過措置と資本的支出の耐用年数

  4. 「税務調査の最新手法」とは?

  5. 税務当局による情報提供要請権限が拡充へ

  6. 臨時特例企業税は違法・無効で635億円を返金(神奈川県)-未収入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る