menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Evernote

既に使用されている人も多いと思いますが、今日はEvernoteについてです。

仕事柄、クライアントから専門的な質問を受けることがあります。もちろんすぐにわかることもありますが、時間をかけて調べなければならないこともあります。

せっかく時間をかけて調べても、時間が経ってまた同じような質問をうけると、結論だけはなんとなく覚えているけど根拠は何だったかのか等詳細を思い出せないことがありました。そこで、過去のメールを調べてみたりするのですが、非常に効率は悪いので何とかしたいと思っていました。

一時はWord Fileで質問内容と回答をまとめてみたりしましたが、あとでの検索があまりうまくいかないことや、まとめるのに必要以上に時間がかかったして、やはり効率的とは言えませんでした。

そんなときEvernoteの存在を知って、使用し始めました。
Evernoteは、Webのページを簡単にクリップして保存しておけるし、調べた内容も後日検索をしやすいようにタグ設定をすることができます。
また、プレミア版であればPDFファイル、Excel,Word等のファイルもアップロードできるので非常に便利です。特にPDFファイルが利用できるので、質問に対して回答となりうる参考文献の該当ページをPDF化して保存しておくというような利用法も可能となります。

このように利用すれば、あらためてまとめたりすることなくファイルをアップロードするだけで済みます。あとは自分が検索しやすいようにタグの設定やノートブックの細分化を行っておくだけで済みます。

プレミアム版は年間で45ドル(月だと5ドル)程度の費用がかかりますが、昨年の12月に月のアップロード容量が1GBに拡大されたことにより、業務の効率化を目的として普通に使用する分には十分な容量になったと思います。

アップロードできる容量は月60MBに制限されますが、無料版もあるので使用したことがない方は一度使用してみることをお勧めします。

日々成長

関連記事

  1. 「どこでもシート」って便利ですよ

  2. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器を韓国で使用してみた…

  3. 書籍のPDF化-Scansnap S1500+PK513L

  4. マルチモニタ

  5. ネットワーク対応ハードディスク

  6. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る