menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  2. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  3. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  4. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  5. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  6. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  7. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  8. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  9. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
  10. 公認会計士試験合格者が3年連続で増加
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.0でページごとに表示件数を変更するプラグイン

WordPressでテーマTwentytenを使用していると、「設定」で表示した件数が、トップページ、カテゴリーやアーカイブのページ等の表示件数に適用されてしまいます。

アーカイブのページをリスト化して表示するようにしているので、ある程度の件数が表示されるようにしたい一方で、この件数を大きくしてしまうとトップページの表示件数が多くなってしまいます。

ページごとの表示件数を変更しようとどうすればいいのか、「Wordpress3カスタマイズブック」とにらめっこしていましたが素人なのでよくわかりませんでした。

が、便利なプラグインが紹介されているのを発見しました。Wordpress3.0でも問題ないのかよくわかりませんでしたが、結果として特に問題はないようです。

それは、Custom Query Stringというプラグインです。公式プラグインではないそうなのでWordPressのプラグイン検索では発見できません。

Custom Query Stringのダウンロード←ZIPファイルのダウンロード先

上記のサイトの真ん中くらいにある以下の矢印をクリックするとZIPファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロードされたZIPファイルを解凍し、そのフォルダをプラグインのフォルダにアップロードするとインストールが完了します。

インストールが完了すると、「設定」の項目に「CQS」という項目が追加されます。これをクリックすると以下のような画面が表示されます。

使い方は、上記のQueryで表示件数を設定したいページを選択します。上記の場合は、アーカイブのページの表示件数を設定することになります。
そして「Show」欄に表示したい件数を入力するとその指定した件数通りの表示件数となります。

「Order By」というのは並べ順の指定で、上記の場合は日付順ということになります。
最後に右端のAddをクリックすると設定は完了です。

素人には非常にたすかるプラグインでした。

日々成長

関連記事

  1. WordPress カテゴリー画面のカスタマイズ-その2

  2. 人気のある記事を表示するプラグイン-「WP-PostViews」…

  3. WordPressのサーバーを移管する際のメモ(その1)

  4. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

  5. テーマ(ブログの外観)の入れ替えを目論んでいますが・・・

  6. Googleの検索向けAdsenseを導入する-WordPres…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る