menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.0でページごとに表示件数を変更するプラグイン

WordPressでテーマTwentytenを使用していると、「設定」で表示した件数が、トップページ、カテゴリーやアーカイブのページ等の表示件数に適用されてしまいます。

アーカイブのページをリスト化して表示するようにしているので、ある程度の件数が表示されるようにしたい一方で、この件数を大きくしてしまうとトップページの表示件数が多くなってしまいます。

ページごとの表示件数を変更しようとどうすればいいのか、「Wordpress3カスタマイズブック」とにらめっこしていましたが素人なのでよくわかりませんでした。

が、便利なプラグインが紹介されているのを発見しました。Wordpress3.0でも問題ないのかよくわかりませんでしたが、結果として特に問題はないようです。

それは、Custom Query Stringというプラグインです。公式プラグインではないそうなのでWordPressのプラグイン検索では発見できません。

Custom Query Stringのダウンロード←ZIPファイルのダウンロード先

上記のサイトの真ん中くらいにある以下の矢印をクリックするとZIPファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロードされたZIPファイルを解凍し、そのフォルダをプラグインのフォルダにアップロードするとインストールが完了します。

インストールが完了すると、「設定」の項目に「CQS」という項目が追加されます。これをクリックすると以下のような画面が表示されます。

使い方は、上記のQueryで表示件数を設定したいページを選択します。上記の場合は、アーカイブのページの表示件数を設定することになります。
そして「Show」欄に表示したい件数を入力するとその指定した件数通りの表示件数となります。

「Order By」というのは並べ順の指定で、上記の場合は日付順ということになります。
最後に右端のAddをクリックすると設定は完了です。

素人には非常にたすかるプラグインでした。

日々成長

関連記事

  1. 「いいね」ボタンのプラグインを変更しました

  2. 急にスパムのコメントが増えた!-Akismetはどうすれば。。。…

  3. スマートフォン用のテーマを導入しました

  4. カテゴリーメニューからの表示

  5. カレンダーと月別アーカイブからの表示のカスタマイズ

  6. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る