menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.0のバックアップ

使用を始めたばかりなので、あまり気にしなくてもよかったのですが、今回は備忘としてWordpressのバックアップの方法を調べて、やってみたので書いておきます。

調べてみたところ基本的に必要な作業は、以下の二つということです。

(1)Wordpressのデータベースのバックアップをとる

(2)Wordpressのサイトのバックアップをとる

このほか、使用しているプラグインやその設定がわかるように設定画面等のキャプチャをとっておくと、いざというときに便利ということですが、今回は最低限ということで上記の①と②を行いました。

1. WordPressのデータベースのバックアップ

基本的に素人の私にとって、データベースのバックアップといわれると、それだけで気がひけるのですが、以下の手順でバックアップを実施しました。

①「phpMyAdmin」にアクセスします。
といわれても、そもそも何だそれは???という感じでしたが、「phpMyAdmin」はデータベースの管理ソフトで、レンタルサーバーを使用している場合は管理ツールとしてあらかじめ用意されていることが多いようです(絶対にあるものなのかはわかりません)。

私の場合は、WADAXのレンタルサーバーを使用しているのですが、”ご利用開始の御案内”で案内されている”コントロールパネル”にアクセスし、その中のMySQL管理ツール「phpMyAdmin」という部分(以下のキャプチャ)からアクセスすることができます。

「phpMyAdmin」にアクセスすると、以下のような左半分に以下のような画面があるので、「エクスポート」をクリックします。

すると以下のような画面に移動します。

この画面で、まず「エクスポート」欄ではSQLを選択します。
次に「オプション」の欄は、下記の項目をチェックします(いくつかのサイトでこのようになっていたのでそうしていますが意味はよくわかりません。とりあえず真似てみました。)。

  • 「構造」欄の”DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加”
  • 「構造」欄の”AUTO_INCREMENT 値を追加する”
  • 「構造」欄の”テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む”
  • 「データ」欄の”完全な INSERT 文を作成する”
  • 「データ」欄の”BLOBに16進数表記を利用する”
  • 上記キャプチャの下にある”ファイルに保存する”にチェックして、”圧縮”は「なし」を選択
  • その下の”エンコーディング”は「non」を選択

以上の上で、「実行する」ボタンを押すとテキストファイルが作成されます。

なお、Wordpressのエクスポートを使用してデータをバックアップすることもできるようですが、エクスポートできるデータが、投稿、ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグの6項目に限定される?そうです。
なので、可能であればデータベースのバックアップの方がよいように思います。

2.サイトデータのバックアップ

これは私でも難しいことはなく、FTPでサーバーにあるサイトのフォルダを根こそぎダウンロードするだけでした。本来は使用していないプラグインやテーマなどを削除すればよいのでしょうが、それも手間なのでまるごとダウンロードして完了です。

後は本当にこのデータで復元できるかですが、復元できなくても困るのでいざという時までやめておきます。

日々成長

関連記事

  1. WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

  2. ブログデザインの変更

  3. WordPressにfacebookの「いいね!」ボタンを追加す…

  4. WordPress3.3.1へのバージョンアップ準備(その2)

  5. WordPress カテゴリー画面のカスタマイズ-その2

  6. WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る