menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.0のバックアップ

使用を始めたばかりなので、あまり気にしなくてもよかったのですが、今回は備忘としてWordpressのバックアップの方法を調べて、やってみたので書いておきます。

調べてみたところ基本的に必要な作業は、以下の二つということです。

(1)Wordpressのデータベースのバックアップをとる

(2)Wordpressのサイトのバックアップをとる

このほか、使用しているプラグインやその設定がわかるように設定画面等のキャプチャをとっておくと、いざというときに便利ということですが、今回は最低限ということで上記の①と②を行いました。

1. WordPressのデータベースのバックアップ

基本的に素人の私にとって、データベースのバックアップといわれると、それだけで気がひけるのですが、以下の手順でバックアップを実施しました。

①「phpMyAdmin」にアクセスします。
といわれても、そもそも何だそれは???という感じでしたが、「phpMyAdmin」はデータベースの管理ソフトで、レンタルサーバーを使用している場合は管理ツールとしてあらかじめ用意されていることが多いようです(絶対にあるものなのかはわかりません)。

私の場合は、WADAXのレンタルサーバーを使用しているのですが、”ご利用開始の御案内”で案内されている”コントロールパネル”にアクセスし、その中のMySQL管理ツール「phpMyAdmin」という部分(以下のキャプチャ)からアクセスすることができます。

「phpMyAdmin」にアクセスすると、以下のような左半分に以下のような画面があるので、「エクスポート」をクリックします。

すると以下のような画面に移動します。

この画面で、まず「エクスポート」欄ではSQLを選択します。
次に「オプション」の欄は、下記の項目をチェックします(いくつかのサイトでこのようになっていたのでそうしていますが意味はよくわかりません。とりあえず真似てみました。)。

  • 「構造」欄の”DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加”
  • 「構造」欄の”AUTO_INCREMENT 値を追加する”
  • 「構造」欄の”テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む”
  • 「データ」欄の”完全な INSERT 文を作成する”
  • 「データ」欄の”BLOBに16進数表記を利用する”
  • 上記キャプチャの下にある”ファイルに保存する”にチェックして、”圧縮”は「なし」を選択
  • その下の”エンコーディング”は「non」を選択

以上の上で、「実行する」ボタンを押すとテキストファイルが作成されます。

なお、Wordpressのエクスポートを使用してデータをバックアップすることもできるようですが、エクスポートできるデータが、投稿、ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグの6項目に限定される?そうです。
なので、可能であればデータベースのバックアップの方がよいように思います。

2.サイトデータのバックアップ

これは私でも難しいことはなく、FTPでサーバーにあるサイトのフォルダを根こそぎダウンロードするだけでした。本来は使用していないプラグインやテーマなどを削除すればよいのでしょうが、それも手間なのでまるごとダウンロードして完了です。

後は本当にこのデータで復元できるかですが、復元できなくても困るのでいざという時までやめておきます。

日々成長

関連記事

  1. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

  2. スマホサイトの情報ポータルページについて

  3. WordPressにfacebookの「いいね!」ボタンを追加す…

  4. WordPressのリダイレクト方法

  5. 約5000件のサイト改ざんが発生したようです

  6. WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る