menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

スーパーエルマー・・・結構役に立つ英語教材

今日、ある人の車に乗せてもらったときに英語のニュースがながれていました。

この英語の文章の独特の区切りと日本語が入る感じは・・・。「これは、もしかしてスーパーエルマーですか?」と尋ねると、「そうです。知ってるの?」と聞かれました。

TOIECのリスニングスコアで満点をとった人が続出しているというヒヤリング強化のための英語教材、スーパーエルマーをご存知でしょうか?

↓ これです。


この宣伝文句、かなり胡散臭いですよね。
私も7、8年前にこの教材を購入したのですが、購入時は半信半疑でした。が、嘘でもなんでも、ヒヤリングの能力を向上させたかったので、まるで、怪しげな壺を買ってしまうかのような心境申し込んだのを覚えています。

で、気になる効果ですが、これで必ずTOEICのリスニングで満点をとれるとは思いませんが、私の場合、相当効果があったと思います。

新TOEICになる前のTOIECですが、リスニングのスコアもあがって、800点位であったスコアが800点台後半、一度はまぐれで900点を獲得することができました。

私が購入した当時は、CD2枚と文庫本程度の大きさのうすいテキストが1冊を1セットとして、それが6セットで完結するものでした。

教材の見栄えは、正直なところいいとは言えませんし、これだけで大丈夫なのかなという感じでした。

CDの内容は、同じ内容が以下の3パターンで入っています。

①ある程度のまとまりごとに英文が区切れ、そのあとに日本語が録音されているもの

②①の英語のみが録音されているもの

③通常のスピードでの録音

日本語訳については、英文に合わせて前から後ろに訳されていくので日本語としてはおかしいですが、英語の語順で理解するということがこういうことなのかと気づかされます。

聞き流すだけでリスニング能力が向上するかはわかりませんが、上記②に合わせて日本語訳をつぶやく、あるいはシャドウイングしてみるといった練習は効果があったと思います。
また、不安に思ったテキストですが、コンパクトなため混雑した電車内等で英語を聞きながら内容を確認したいような時はかえって便利でした。英文の解説については、教材の英文を理解する上で、理解が困難な部分については最低限なされている印象です。

現在の教材ではさらに、Hyper-Speed CDなるものが6枚ついているようです。

サイト上で無料視聴もできますので興味のある方は、視聴してみることをお勧めします。
私も内容が新しくなっているので検討中です。
CBSコースで約5万円・・・・。どうしよう・・・



日々成長

関連記事

  1. 英語を正しく読みたいー英語リーディングパズル

  2. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  3. Rosetta Stoneをはじめてみました

  4. 信号を待つ

  5. 「日本人の9割に英語はいらない」を読んで考える

  6. 無料英文チェッカ-「Ginger」の日本上陸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る