menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日産自動車の経営者って・・・
  2. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  3. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  4. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  5. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  6. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  7. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  8. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  9. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
  10. 落ち着いたかと思いきや定率法から定額法への変更が増加
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ムーディーズも日本国債を格下げ(その1)

S&Pに続きムーディーズも日本の国債を格下げしました。個人的にはもっともという気がしますが、日経新聞のHPで長期金利の動きを見る限りマーケットは全く反応していないようです。

Yahooニュースの記事は以下のようなものでした。
————————————————————————————–
日本国債格付け、見通し下げ=財政再建戦略、疑問―ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは22日、上から3番目の「Aa2」としている日本国債の格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更したと発表した。「経済・財政政策が債務の急激な増大を抑制できるほど十分に強固でない可能性がある」などと、菅政権の掲げる財政再建の実現に強い疑問を呈した。今後の情勢を踏まえ引き下げに踏み切る可能性がある。

同社が日本国債に対する評価を変えるのは、格付けを現在の「Aa2」に引き上げた2009年5月以来。日本国債をめぐっては、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が1月27日、「民主党政権には債務問題に対する一貫した戦略が欠けている」などとして、格付けを上から3番目の「AA」から「AAマイナス」に1段階引き下げた。
野田佳彦財務相はムーディーズの発表を受け、「民間の格付けにコメントは控える」と述べ、具体的な論評を避けた。」
——————————————————————————————

マーケットが全く反応しないのは、以前書いたように「ゆうちょ銀行」が原因ではないかと考えていますが、こうまで反応がないと日本の財政は健全なのではないかと思ってしまいます。

そこで以前読んだ「日本は破産しない!」(上念司著)という、なんとも明るそうな書籍を見直してみました。当時アマゾンの書評も高い評価を得ていましたが、以前読んだときは、残念ながら「日本は破産しない」とは言えないと感じました。

ただ、良いことも書いてありますし、考えながら読むのはいい頭の体操になるのではないかと思います。

そこで、疑問点は次回に譲ることとし、今回は同著で共感した点について書きます。

①国家破綻を書いている書籍の中には自分が運営しているプライベートファンドへの勧誘を行っているようなケースがあり、国家破綻で恐怖心をあおっている一種の霊感商法というようなものと評しています。
確かに、そういうケースもありますので、自分でよく考えてから行動する必要があると思います。

②アルゼンチンやロシアは為替の固定相場性を採用している国の破綻であったとう点をきちんと認識しておく必要があるという点もその通りだと思いました。

③借金だけに目を向けず資産についても考えるべき(複式簿記で考えるべき)という主張ももっともな意見だと思います。

④数多く存在する特殊法人にメスを入れて財政健全化を目指すべきという主張もまさにその通りだと思いまし、それを実現しないようにしているのは利権を握っている少数の役人であるという点も正しいように思います。

⑤国家破綻を煽るような話は市場関係者がよくやるストーリ営業(ポジショントーク)の一つに過ぎず、ほとんどは根拠なないうわさ話と評しています。逆もまた真なり、ということで国家は破綻しないという主張も自分の頭で同意するかどうか考えろということだと思います。

⑥今すぐデフレを脱却すべきというのもその通りだと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 国民負担が少ない東電処理とは(その2)‐経産省 古賀茂明氏

  2. ドラギマジックが欧州を救った?

  3. 金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバ…

  4. 尖閣で世界の目、例によって冷淡-日経ビジネスオンラインより

  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?

  6. 中小企業金融円滑化法終了カウントダウン-2013年2月利用後倒産…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る