menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  2. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  3. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  4. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  5. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  6. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  7. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  8. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  9. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  10. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ムーディーズも日本国債を格下げ(その1)

S&Pに続きムーディーズも日本の国債を格下げしました。個人的にはもっともという気がしますが、日経新聞のHPで長期金利の動きを見る限りマーケットは全く反応していないようです。

Yahooニュースの記事は以下のようなものでした。
————————————————————————————–
日本国債格付け、見通し下げ=財政再建戦略、疑問―ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは22日、上から3番目の「Aa2」としている日本国債の格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更したと発表した。「経済・財政政策が債務の急激な増大を抑制できるほど十分に強固でない可能性がある」などと、菅政権の掲げる財政再建の実現に強い疑問を呈した。今後の情勢を踏まえ引き下げに踏み切る可能性がある。

同社が日本国債に対する評価を変えるのは、格付けを現在の「Aa2」に引き上げた2009年5月以来。日本国債をめぐっては、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が1月27日、「民主党政権には債務問題に対する一貫した戦略が欠けている」などとして、格付けを上から3番目の「AA」から「AAマイナス」に1段階引き下げた。
野田佳彦財務相はムーディーズの発表を受け、「民間の格付けにコメントは控える」と述べ、具体的な論評を避けた。」
——————————————————————————————

マーケットが全く反応しないのは、以前書いたように「ゆうちょ銀行」が原因ではないかと考えていますが、こうまで反応がないと日本の財政は健全なのではないかと思ってしまいます。

そこで以前読んだ「日本は破産しない!」(上念司著)という、なんとも明るそうな書籍を見直してみました。当時アマゾンの書評も高い評価を得ていましたが、以前読んだときは、残念ながら「日本は破産しない」とは言えないと感じました。

ただ、良いことも書いてありますし、考えながら読むのはいい頭の体操になるのではないかと思います。

そこで、疑問点は次回に譲ることとし、今回は同著で共感した点について書きます。

①国家破綻を書いている書籍の中には自分が運営しているプライベートファンドへの勧誘を行っているようなケースがあり、国家破綻で恐怖心をあおっている一種の霊感商法というようなものと評しています。
確かに、そういうケースもありますので、自分でよく考えてから行動する必要があると思います。

②アルゼンチンやロシアは為替の固定相場性を採用している国の破綻であったとう点をきちんと認識しておく必要があるという点もその通りだと思いました。

③借金だけに目を向けず資産についても考えるべき(複式簿記で考えるべき)という主張ももっともな意見だと思います。

④数多く存在する特殊法人にメスを入れて財政健全化を目指すべきという主張もまさにその通りだと思いまし、それを実現しないようにしているのは利権を握っている少数の役人であるという点も正しいように思います。

⑤国家破綻を煽るような話は市場関係者がよくやるストーリ営業(ポジショントーク)の一つに過ぎず、ほとんどは根拠なないうわさ話と評しています。逆もまた真なり、ということで国家は破綻しないという主張も自分の頭で同意するかどうか考えろということだと思います。

⑥今すぐデフレを脱却すべきというのもその通りだと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 「生活保護 3.7兆円が日本を蝕む」-週刊ダイヤモンドより

  2. 住宅ローンを借り換えてみました-下手な運用よりも効果は大きい?

  3. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  4. 「為替の誤解」(上野康成 著)-No1エコノミストらしいので・・…

  5. 円高関連の倒産が前年比2倍超の51社だそうです

  6. CAGR(売上高成長率)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る