menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

リース資産の表示科目

今回は、リース資産の表示科目の話です。

「リース取引に関する会計基準(企業会計基準第13号)」の適用開始時に検討して、その後は同様に処理を行っているというケースが多いので意識からほとんど消えていたのですが、今回、適用後約3年を経過して初めて資産計上しなければならないリース契約が生じたということで、「あれ?表示はどうするんだったかな・・・」と思いました。

すなわち、リース資産を「リース資産」として表示しなければならないのか、「車両運搬具」のような各科目に含めて表示しなければならないのかという疑問です。

「リース資産」として表示した会社もあったけど、この間の会社では各科目に含めていたような・・・

基準を見直してみると、第16項に「リース資産については、原則として、有形固定資産、無形固定資産の別に、一括してリース資産として表示する。ただし、有形固定資産又は無形固定資産に属する各科目に含めることもできる。」と書いてあります。

結局のところ「リース資産」として表示するのが原則ですが、各科目に含めてもよいということでどちらも可ということです。

どうりで両方見たような気がしたわけです。

なんとなく惰性で業務をこなしていたことを反省した出来事でした。

日々成長。

関連記事

  1. 「見積りの変更」の開示例

  2. グループ法人税(その5)-繰延譲渡損益の実現(続き)

  3. 5000円以下の飲食費も税務調査の重要ポイント-税務通信

  4. 連結納税(その2)-連結納税を導入するメリットは?

  5. 定率法から定額法への変更は過去5年で350社超

  6. 連結納税の税効果(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る