menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主総会開催を決算日後4ヵ月以内とする事例がでてきました
  2. 企業型DC導入に伴う減額改定は役員給与の「臨時改定事由」に該当せず
  3. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  4. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  5. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  6. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  7. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  8. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  9. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  10. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中国経済の打ち出の小槌

中国は2010年も二桁成長を維持したと見られているようです。すごいですね。

しかしながら一方で、高度成長を遂げていながら社会不安が進んでいるとのことです。その原因の一つが、中国経済の打ち出の小槌に起因しているらしいのです。

中国経済の打ち出の小槌。それは、土地だそうです。なんとなく日本のバブルをイメージしてしまいますが、共産党一党独裁という状況が土地を打ち出の小槌することを可能にしています。

どういうことをやるかというと、地方政府が農民に農業を続けた場合の現在価値だけを払って、あるいは不便な代替地を与えて、土地を収奪し、それをディベロッパーに売却することで利益を挙げるそうです。

2011年1月29日の週刊ダイヤモンドに記載されていた記事によると、「2010年における地方政府の土地収入が2.7兆元にも達した」そうです。この金額だけだとイメージがつきにくいですが、同記事に記載されていたグラフからすると、この金額は地方財政収入に対して約8割を占めています。
地方財政収入の残り2割を税収だとすると、なんと税収の4倍の土地売却収入があることになり、まさに打ち出の小槌です。

同記事によると、昨年12月に温州市楽清の路上で、銭雲会前村長が大型トラックの車輪に首と胴体を切断され死亡し、公安は事故死と認定したが、村の土地権益を守るために地元政府と関連企業を訴えてきた前村長が地元政府と関連企業により謀殺されたとの見方が民衆の間では一般的だったそうです。

物凄い成長を遂げながらも、社会不安が高まっているという矛盾した社会が今後どうなっていくのか注意深く見守っていきたいと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 全国企業倒産集計2012年報が公表されました-帝国データバンク

  2. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  3. 監査法人トーマツも早期退職の募集を開始

  4. 「カジノ調査」をトーマツが激安落札って、いくらだろう?

  5. 2012年中国経済は減速する?

  6. The global debt clock-自分の預金もこれくら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る