menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

妻が個人事業主の場合、夫の健康保険の被扶養者になれる範囲

今回は、妻(夫)が個人事業主として収入を得ている場合、夫(妻)の健康保険の被扶養者になれる範囲についてです。

被保険者と同一世帯に属している場合の被扶養者になることができる収入面の要件は以下の通りです。

「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合は被扶養者となります。」(社会保険庁HPより)

さて、ここで「年間収入」の部分が問題となります。すなわち、個人事業主の場合の年間収入は売上高なのか、利益の額なのかです。

基本的に所得税法上の扶養に入れる範囲であれば、健康保険でも被扶養者として扱われるのが通常です。このことから考えると利益の金額で判断して問題ないと考えられます。(青色申告控除等があるため一般的に利益>所得のため)。

ただし、利益が130万円を超えてしまっていても、一時的なものであればよいとしてくれる等、実際の取り扱いは健康保険組合等によって異なるので、御自分の加入されている健康保険組合あるいは協会けんぽに問い合わせてみるのが一番確実です。

日々成長。

関連記事

  1. 退職勧奨実施時の具体的対応とは(その1)?

  2. 48354399_xl

    9ドット-アイスブレーク

  3. 「21世紀のキャリア論」-高橋俊介著

  4. 定額残業代(その1)

  5. 基本手当日額の上限額引き上げ-平成23年8月1日より

  6. 20197217_xl

    いったいいくらもらえるの?-遺族年金(その2)

コメント

    • 匿名
    • 2011年 4月 15日

    わかりやすいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る