menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成23年度 健康保険料率

協会けんぽの平成23年度の保険料率が2月10日に決定しました。

料率は都道府県によって若干異なりますが、平均では9.34%⇒9.50%と0.16%の増加となっています。
関東各県の変更前、変更後の保険料率は以下表のとおりです。なお、新保険料率は平成23年3月分から適用されます(任意継続被保険者、 日雇特例被保険者の方は4月分から)。

変更前       変更後

(出典:協会けんぽHPより)

健康保険組合の保険料率については、かなりばらつきがありますが保険料を引き上げている健保組合が多いようです。
平成23年3月分から現行の7.9%⇒8.9%へ1%保険料を引き上げる健康保険組合もありました(平成24年3月分からの保険料はさらに引き上げが見込まれる旨が記載されています)。
一方で、平成22年9月に1%の引き上げを行ったもののそれでも保険料が7.2%という健康保険組合もあります。

どの健康保険に加入しているかで、だいぶ違うものですね。

将来年金がもらえるのかという話はよくクローズアップされますが、年金制度よりも医療保険制度が先に破綻する可能性の方が高いのではないでしょうか。
高齢化が進み、これからますます医療費が増加するのは明らかです。一方で現役世代人口は減少し保険料も少なくなるわけですから苦しい状況は続きます。

将来的には保険料も継続して上昇していくでしょうが、限界がありますので、最終的には自己負担割合を引き上げるということになるのではないかと思います。
その議論の中では、おそらく被扶養者の自己負担割合を高くするということも議論されるのではないかと思います。さすがに子供の医療費の自己負担割合を高くするということはしないと思いますが、専業主婦や23歳以上の子供の負担割合を高くするということはありうると思います。

公的医療制度が変更されれば、個人で加入している医療保険も見直しが必要となりますので、今後の動向には注意しておきたいと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 妻が個人事業主の場合、夫の健康保険の被扶養者になれる範囲

  2. ヤバい就業規則(その1)-解雇と自動退職は違います

  3. メンタルサポートを充実させると業績がよくなるか?-メンタルサポー…

  4. 学生バイトが学校から移動中に災害にあった場合に通勤災害となるか?…

  5. 有給休暇の消化を当年度付与分から優先するのは問題ない?

  6. 産前産後休業の社会保険料免除と手続き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る