menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. QRコード利用の納付が可能に
  2. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?
  3. 不適正開示の発生傾向
  4. 税務当局による情報提供要請権限が拡充へ
  5. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  6. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  7. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  8. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  9. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  10. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成23年度 健康保険料率

協会けんぽの平成23年度の保険料率が2月10日に決定しました。

料率は都道府県によって若干異なりますが、平均では9.34%⇒9.50%と0.16%の増加となっています。
関東各県の変更前、変更後の保険料率は以下表のとおりです。なお、新保険料率は平成23年3月分から適用されます(任意継続被保険者、 日雇特例被保険者の方は4月分から)。

変更前       変更後

(出典:協会けんぽHPより)

健康保険組合の保険料率については、かなりばらつきがありますが保険料を引き上げている健保組合が多いようです。
平成23年3月分から現行の7.9%⇒8.9%へ1%保険料を引き上げる健康保険組合もありました(平成24年3月分からの保険料はさらに引き上げが見込まれる旨が記載されています)。
一方で、平成22年9月に1%の引き上げを行ったもののそれでも保険料が7.2%という健康保険組合もあります。

どの健康保険に加入しているかで、だいぶ違うものですね。

将来年金がもらえるのかという話はよくクローズアップされますが、年金制度よりも医療保険制度が先に破綻する可能性の方が高いのではないでしょうか。
高齢化が進み、これからますます医療費が増加するのは明らかです。一方で現役世代人口は減少し保険料も少なくなるわけですから苦しい状況は続きます。

将来的には保険料も継続して上昇していくでしょうが、限界がありますので、最終的には自己負担割合を引き上げるということになるのではないかと思います。
その議論の中では、おそらく被扶養者の自己負担割合を高くするということも議論されるのではないかと思います。さすがに子供の医療費の自己負担割合を高くするということはしないと思いますが、専業主婦や23歳以上の子供の負担割合を高くするということはありうると思います。

公的医療制度が変更されれば、個人で加入している医療保険も見直しが必要となりますので、今後の動向には注意しておきたいと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 17年1月1日施行の育児介護休業法改正内容を確認(その1)

  2. 流産であっても場合によっては出産育児一時金は受給可能

  3. パート・アルバイトが社会保険への加入を希望したら?

  4. 監督官から呼び出しがきた!労基署 調査・指導・是正勧告対応の現場…

  5. 子会社である法人が留意すべき法人税実務

  6. フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長(19年4月より…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る