menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

青色申告の届出

個人事業所得の場合、所得税として確定申告を行わなければなりませんが、青色申告だといくつかのメリットを受けることができます。

典型的には最大で65万円の青色申告特別控除が受けられるというものがあります。特にサイドビジネスとして個人事業を営んでいるような場合には、大きなメリットがある制度です。

ところで、青色申告の特典を受けるためには、紙1枚の話ではありますが、「青色申告承認申請書」を所轄税務署長に届け出る必要があります。
個人事業の開始の届出と同時に提出する方が多いのではないかと思いますが、事業開始の届出のみをしている場合には届出の期限が問題となります。

青色申告の届出期限は以下のようになっています。

①1月1日~1月15日までに開業した場合 ⇒ その年の3月15日まで

②1月16日以降に開業した場合  ⇒ 事業を開始した日から2カ月以内

③従来白色申告で、青色申告の適用を受けようとする場合 ⇒ 青色申告の適用を受けようとする年の3月15日まで (2010年分の確定申告で青色申告の適用を受けたい場合は、2010年の3月15日まで)

提出期限は、上記のようになっていますので、青色申告の届出を提出していなかった人が、確定申告の段階になって気づいても手遅れということになってしまいます

この場合は、どうしようもないので確定申告をするのと同時に青色申告の届出をして、翌年から青色申告の適用を受けるということにするしかありません。

紙ぺら1枚ですが、非常に重要な届出ということになりますので、お忘れなく。

日々成長

関連記事

  1. 貯蔵品の課税仕入れを行った日はいつか?-貯蔵品残高は税込?税抜?…

  2. マイナンバー対応のシステム改修費用の取扱い

  3. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  4. 小規模企業共済制度の改正

  5. 事業所税の確認(最終回)-みなし共同事業

  6. 控除対象外消費税は交際費の判定に影響するか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る