menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Tagページのカスタマイズ

記事の下に表示されるタブをクリックすると、関連する記事が表示されますが、この表示形式がひどい形式であることに気づきました。

元々の記事で設定されている段落が解除され、だらだらとした文字列になっていてとても読める代物ではありませんでした。

カテゴリーやアーカイブからの表示は直したのですが、まさかタブからの表示もこうなっているということには今日まで気づきませんでした。

アーカイブやカテゴリーと同様に修正しようとしましたが、一つ問題が生じました。その問題とは、そのタグに一つしか記事が存在しない場合エラーになってしまうことです。
これは困ったと思い調べた結果、便利なプラグインが存在することが分かりました。

“Simple Tag”というプラグインです。日本語バージョンもありますが、私がダウンロードしたURLはすでにリンク切れになってしまっていました。

使い方はダウンロードしたファイルを解凍して、「simple-tags」フォルダを、フォルダごと、

wp-content/plugins/ フォルダにアップロードします。
管理パネルで、「プラグイン」をクリックし、プラグイン設定画面を開くと、「 Simple Tags 」という項目があるので、有効化をクリックして有効化します。

すると管理画面の「設定」項目に「Simple Tags」という項目ができているので、必要な項目の設定を行います。

この結果、タグに記事が一つしかなくてもエラーは生じなくなりました。が、なぜか記事が一つの場合はリスト化されず表示が読みにくいままです。
なんとか改善したいところですが、時間がかかりそうです。

関連する記事をもう一つ投稿すればよいのですが、それだけのために無理やり書くのもなんなので改善方法を模索しようと思います。

日々成長

関連記事

  1. WordPress Popular Postsの順位(ページカウ…

  2. WordPressのリダイレクト方法

  3. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

  4. 急にスパムのコメントが増えた!-Akismetはどうすれば。。。…

  5. 約5000件のサイト改ざんが発生したようです

  6. WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る