menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?
  2. 適時開示PDF資料のプロパティに要注意
  3. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か
  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)
  5. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討
  6. 子会社である法人が留意すべき法人税実務
  7. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普通解雇…
  8. 労働契約締結前の労働条件の明示内容等の改正(平成30年1月1日施行)
  9. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?
  10. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Tagページのカスタマイズ

記事の下に表示されるタブをクリックすると、関連する記事が表示されますが、この表示形式がひどい形式であることに気づきました。

元々の記事で設定されている段落が解除され、だらだらとした文字列になっていてとても読める代物ではありませんでした。

カテゴリーやアーカイブからの表示は直したのですが、まさかタブからの表示もこうなっているということには今日まで気づきませんでした。

アーカイブやカテゴリーと同様に修正しようとしましたが、一つ問題が生じました。その問題とは、そのタグに一つしか記事が存在しない場合エラーになってしまうことです。
これは困ったと思い調べた結果、便利なプラグインが存在することが分かりました。

“Simple Tag”というプラグインです。日本語バージョンもありますが、私がダウンロードしたURLはすでにリンク切れになってしまっていました。

使い方はダウンロードしたファイルを解凍して、「simple-tags」フォルダを、フォルダごと、

wp-content/plugins/ フォルダにアップロードします。
管理パネルで、「プラグイン」をクリックし、プラグイン設定画面を開くと、「 Simple Tags 」という項目があるので、有効化をクリックして有効化します。

すると管理画面の「設定」項目に「Simple Tags」という項目ができているので、必要な項目の設定を行います。

この結果、タグに記事が一つしかなくてもエラーは生じなくなりました。が、なぜか記事が一つの場合はリスト化されず表示が読みにくいままです。
なんとか改善したいところですが、時間がかかりそうです。

関連する記事をもう一つ投稿すればよいのですが、それだけのために無理やり書くのもなんなので改善方法を模索しようと思います。

日々成長

関連記事

  1. Googleの検索向けAdsenseを導入する-WordPres…

  2. アーカイブ画面の修正

  3. WordPress Twentytenでサイドバーの幅を変更する…

  4. カテーゴリーページの不具合修正

  5. WordPress Popular Postsの順位(ページカウ…

  6. スマホサイトの情報ポータルページについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る