menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?
  2. 適時開示PDF資料のプロパティに要注意
  3. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か
  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)
  5. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討
  6. 子会社である法人が留意すべき法人税実務
  7. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普通解雇…
  8. 労働契約締結前の労働条件の明示内容等の改正(平成30年1月1日施行)
  9. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?
  10. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中国経済のバブルは継続するか?(その1)

「2012年中国経済は減速する?」というタイトルで中国経済について減速を予測する立場の意見を紹介しましたが、今回は全く逆の立場の意見を考えてみます。

今回は、「中国バブル経済はアメリカに勝つ」(副島隆彦著)という書籍を参考にしました。副島氏の書籍を読んだのはこれが初めてですが、率直な感想としては、面白いことも書いてありますが、表現が多少行き過ぎている部分もあるように思いました。

基本的に同書は米中の対決に巻き込まれる(米国に従属する)日本というスタンスで書かれています。そして、米国の経済(ドル)が崩壊するため、結果として中国(元)の時代がやってくると予測しています。

例えば、「すべての問題の中心はニューヨークである。アメリカ帝国の心臓部で金融爆発が起こる。これ以外のことはすべてまやかしや目くらましである。そしてアメリカが他の国々に対して抱えている大借金を返さないという問題につながる。」としています。

一方で中国の経済はいかなる事態があっても崩れないとしています。中国の不動産価格市場は、2009年初頭から暴騰し、2010年4月に政府の規制が入るまでの1.5年間で平均的に約3倍の値段になったとしていますが、筆者は現地調査の結果これはバブルではないと結論付けています。

現場を見て判断したということなので、姿勢は評価はできますが、日本のバブル時代に現場を見た人間がバブルと気づいていたとも思えないので論拠に乏しいとも言えます。もっとも、こういう書き方をすると、私も筆者がいうところの「反中国主義者」とされてしまうかもしれませんが・・・

中国で政府の規制が始まってから、余った資金は日本の不動産等に流れ込んできているということで、これは実際に中国人の日本不動産購入ツアー等の存在がよく報道されていることからも事実その通りだと思います。

日銀が、RIETも買取対象に含めたのは不動産価格を上昇させて、中国から人民元を稼ぐためという意図があったのであったのかと考えてしまいます。

中国の成長を顕著に示す事例としては、2009年の輸出額において中国は1兆2017億ドル(約112兆円)でドイツを抜いて世界首位となったことがあります。
なお、中国税関総署が1月10日に発表した貿易統計によれば、2010年も1兆5779億ドル(約131兆円)で、前年比31.3%増で2年連続で世界1位となっています。さらに2010年中にGDPでは日本を追い抜き世界第2位となったことは御存じの通りです。

(その2に続く)

日々成長。

関連記事

  1. 東京電力の今後

  2. 「第二会社方式」とは?(その3)

  3. ライツ・オファリングリングとは?

  4. たばこの値上げによる税収への影響の議論はありますが・・・

  5. 中小企業金融円滑法の適用期限が再延長されました-「最後の」延長だ…

  6. 「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」-CEOを退きました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る