menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  2. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  3. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  4. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  5. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  6. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  7. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
  8. 会社法施行規則及び会社計算規則の改正(2018年3月)
  9. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されているよう…
  10. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

大前研一氏による原発問題解説

You tubeで元々は原子力発電の設計者であった経営コンサルタントの大前研一氏が、今回の原発問題を解説しています。70分位と長いですが、参考になると思いますので紹介させてもらいます。

You tubeのURL https://www.youtube.com/watch?v=8GqwgVy9iN0

上記の中で、大前氏が提案されている1年間限定の消費税1%アップというのはよいアイディアではないかと思います。
復興のための財源が確保できることに加えて、消費が冷え込んでいる状況にあって、「被災者のため 」という大義名分を付与することによって消費を喚起させ日本経済にプラスの影響があると考えられるためです。
消費税アップについては被災地は除外する、あるいは被災地の消費税は免除するというような配慮も必要と考えられます。特に復興にあたり建物の消費税は、負担が重いのでそれだけでも免税するというようなことがあってもよいのではないかと思います。

また、今後の原発の見通しについて大前氏は日本でも今後原発を新たに設置することは困難との見通しを持っています。アメリカではスリーマイル島の事故以降、新しい原発の建設が全く行われていないということです。そのため、電力不足は解消されず節電に向かうしかないだろうという予測をしています。

電球をLSDに切り替える、古い家電を最新の省エネ家電に切り替える、家庭用ソーラーシステムの導入、電気自動車の普及による蓄電システムの構築等考えられる策を講じる必要がありそうです。
原発反対派の影響があるにしても耐用年数を大分超過している原発を使用し続けるのはやはりリスクがあると思います。また同じ場所に複数機の原発を設置することも再考が必要だと思います。

日々成長

関連記事

  1. Facebookの時価総額は$100 billion?

  2. 日本株復活?

  3. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  4. 中小企業金融円滑法の適用期限が再延長されました-「最後の」延長だ…

  5. ヤマダ電機の一撃により約25億円の投資有価証券評価損計上を迫られ…

  6. 福島原発の現状

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る