menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

大地震!

地震が起きた時(そして今も)に東京にいた(いる)ので、津波の被害等に遭われた東北地方の方と比べれば全然大したことはないんだろうと思いますが、それでもやはり自然災害の恐ろしさを感じずにはいられません。

地震が起きた時、研修に参加するため開始時刻まで浅草近辺の喫茶点で時間を潰していました。お店は1階でしたが、揺れが強くなっていくにつれて店内が騒然としてきました。比較的長い時間揺れていたため、お客さんの半数位は店外に避難していました。

私は店内にとどまることを選択しましたが、下町の決して新しいとは言えない建物にとどまるのが正解だったのかは今となってはよくわかりません。

次に困ったのが、携帯電話がまるでつながらない。携帯電話で会話している人もいたのに、私の携帯はまるでつながらない。私も妻もソフトバンク。ソフトバンクはやっぱりだめなのかと感じてしました。地震が起きた時点から定期的にトライしていましたが、結局妻と携帯で通話ができたのは午後8時近くになってからでした。妻も何度もトライしてくれていたようですが、電話がつながらないというのは不安をあおるということを強く感じました。

公衆電話から固定電話への通話は可能でしたが、携帯電話の普及に伴って電話の数が圧倒的に少なくなっているのを痛感しました。また、私は基本的に使用することのないテレホンカードをもっていたのでよかったですが、公衆電話の相当数はテレホンカードしか使えないものであるということもよく認識しておく必要がありそうです。

最後に自宅に帰る手段がない。ひたすら歩くしかありません。タクシーもつかまりません。つかまったとしても大渋滞で、これでは家にたどり着くのがいつになるのか予想できません。

現在私は、ファミレスで休憩中です。窓の外を観察していると、多少ではありますが車が流れるようになってきた感じがします。あと1,2時間様子を見て、タクシーで帰宅できればと思います。

地下鉄や一部私鉄は、一定の区間で運転を再開したようです。それにしてもJRはひどすぎます。なぜ完全に運休を決め込んでいるのか?区間を限定してでも運転すべきではないの???

日々成長

関連記事

  1. 日本の政治はどうすればよくなるのか

  2. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響

  3. 気になるクレジットカード-YAMADA LABI ANAマイレー…

  4. ANAマイラーは電子マネーnanacoの利用を要検討

  5. 「心を上手に透視する方法」とは?

  6. 成長するということ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る