menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  2. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  3. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  4. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  5. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  6. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  7. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  8. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  9. どうなるSOX?
  10. IFRS任意適用目標と実績の差は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

計画停電時の休業手当の要否(厚生労働省通知)

厚生労働省から3月15日付で「基 監 発0 3 15 第 1号 計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて」が公表されており、計画停電時の休業手当について以下のような見解が示されました。

1.計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業

⇒企業側の責任ではないので休業手当の支給は不要

2.計画停電の時間帯以外の時間帯の休業

⇒原則として休業手当の支給必要

2-1.計画停電が実施される日において、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業とする場合であって、他の手段の可能性、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、計画停電の時間帯のみを休業とすることが企業の経営上著しく不適当と認められるとき

計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて原則として休業手当の支給は不要

3.計画停電が予定されていなかったが、結果として実施されなかった場合

⇒計画停電の予定、その変更の内容やそれが公表された時期を踏まえて、上記に準して判断必要

参考までに、厚生労働省が公表したの「基 監 発0 3 15 第 1号」が公表されているURLは?以下の通りです。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/dl/110316a.pdf

日々成長

関連記事

  1. 有給が残っていない社員がインフルエンザにかかったときに考えてみた…

  2. マイナンバー国税庁のFAQが一部改正されました-源泉所得税関係

  3. 雇用保険料率が若干下がります-平成24年4月1日より

  4. 定額残業代(その2)

  5. 電通へ労働局調査報道も株価へは影響なしが現実か?

  6. 「定額残業代」の支給は「手当方式」と「組み込み方式」のいずれを採…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る