menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  2. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  3. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  4. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  5. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  6. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  7. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  8. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  9. どうなるSOX?
  10. IFRS任意適用目標と実績の差は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

韓国哨戒艦沈没事件の真相?

副島隆彦氏の「中国バブル経済はアメリカに勝つ」で韓国哨戒艦沈没事件について述べられていた事項です。

韓国哨戒艦沈没は北朝鮮の潜水艦からの魚雷によるものとされていますが、副島氏は「どうやら3月26日に現場にいた米原潜「コロンビア号」が事件に直接、関与している。」と書いています。

さらに、「米原潜も自分の艦橋部分を破損して、潜望鏡などが全部折れたようだ。そして、おそらく数人の米兵が死んでいる。」として、艦橋部分が破損している米原潜の写真を紹介しています。

また、田中宇氏のブログの記事を引用しています。同氏の記事を要約すれば、韓国哨戒艦と米原潜が打ち合って双方に沈没したということです。また、韓国のKBSテレビが、米軍のヘリコプターが米兵の遺体とみられる物体を運び去る映像を報じたそうです。その後、韓国のいくつかの新聞や雑誌がこの件を報じたそうです。

このような見解は日本では、ほとんど紹介されていないと思いますが、日本でもいろいろな角度から検討されてしかるべき問題ではないかと思います。

さらに、副島氏は、在日韓国人の評論家の河信基氏の記事を紹介しています。その一部を引用すると、「米原潜は、核搭載の「コロンビア号」とみられ、ハワイ沖を出港後、今回の米韓の合同演習に参加後、別の原潜は戻ってきているのに、いまだハワイに戻ってきていない。さらにおかしいのは、米韓政府が当初可能性が低いとしていた北朝鮮の関与説が一斉に流され、この衝突説を隠したことです。」。さらに、「天安(沈没した戦艦の名前)はレーダーやソナーで敵の攻撃をキャッチし、反撃するのが任務だが、機能で劣る北朝鮮潜水艦がソナーをくぐり抜け、神業のごとく沈没させるなんて、有り得ないことと専門家は言っている。」ということです。

確かに、韓国を砲撃するような北朝鮮が、この件については最初から否定し続けているというのはいささか不可思議です。意気揚々と「制裁を加えた」というような国内報道があってもいいような気がします。

日々成長。

関連記事

  1. 福島原発の現状

  2. メニコンが1日使い捨てコンタクトに参入-パッケージは斬新ですが・…

  3. 伝え方が9割だとすると結果は変わっていたのか?

  4. ECO名刺

  5. 税額控除とか方法はあるのでは?

  6. ワンデープロシーが少し安くなっています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る