menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  2. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  3. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  4. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  5. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  6. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  7. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
  8. 会社法施行規則及び会社計算規則の改正(2018年3月)
  9. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されているよう…
  10. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

韓国哨戒艦沈没事件の真相?

副島隆彦氏の「中国バブル経済はアメリカに勝つ」で韓国哨戒艦沈没事件について述べられていた事項です。

韓国哨戒艦沈没は北朝鮮の潜水艦からの魚雷によるものとされていますが、副島氏は「どうやら3月26日に現場にいた米原潜「コロンビア号」が事件に直接、関与している。」と書いています。

さらに、「米原潜も自分の艦橋部分を破損して、潜望鏡などが全部折れたようだ。そして、おそらく数人の米兵が死んでいる。」として、艦橋部分が破損している米原潜の写真を紹介しています。

また、田中宇氏のブログの記事を引用しています。同氏の記事を要約すれば、韓国哨戒艦と米原潜が打ち合って双方に沈没したということです。また、韓国のKBSテレビが、米軍のヘリコプターが米兵の遺体とみられる物体を運び去る映像を報じたそうです。その後、韓国のいくつかの新聞や雑誌がこの件を報じたそうです。

このような見解は日本では、ほとんど紹介されていないと思いますが、日本でもいろいろな角度から検討されてしかるべき問題ではないかと思います。

さらに、副島氏は、在日韓国人の評論家の河信基氏の記事を紹介しています。その一部を引用すると、「米原潜は、核搭載の「コロンビア号」とみられ、ハワイ沖を出港後、今回の米韓の合同演習に参加後、別の原潜は戻ってきているのに、いまだハワイに戻ってきていない。さらにおかしいのは、米韓政府が当初可能性が低いとしていた北朝鮮の関与説が一斉に流され、この衝突説を隠したことです。」。さらに、「天安(沈没した戦艦の名前)はレーダーやソナーで敵の攻撃をキャッチし、反撃するのが任務だが、機能で劣る北朝鮮潜水艦がソナーをくぐり抜け、神業のごとく沈没させるなんて、有り得ないことと専門家は言っている。」ということです。

確かに、韓国を砲撃するような北朝鮮が、この件については最初から否定し続けているというのはいささか不可思議です。意気揚々と「制裁を加えた」というような国内報道があってもいいような気がします。

日々成長。

関連記事

  1. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  2. ANAマイラーは電子マネーnanacoの利用を要検討

  3. 仕事始め

  4. アメックスのスカイトレベラーってどうなんだろう

  5. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

  6. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る