menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  2. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  3. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  4. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  5. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  6. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  7. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  8. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  9. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  10. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

3月末に期限の切れる租税特別措置等の適用期限延長

平成23年3月31日に適用期限を迎える税制措置の適用期限を平成23年6月30日まで延長する「国民生活等の混乱を回避するための租税特別措置法等の一部を改正する法律案」とを「国民生活等の混乱を回避するための地方税法の一部を改正する法律案」,いわゆる「つなぎ法案」が衆議院に提出され、年度内に成立することが見込まれています。

これは、平成23年税制改正案の成立が困難であるため、平成23年税制改正を前提として適用期限の再延長をしないことや廃止等が検討されていた租税特別措置法について、とりあえず適用期限を3カ月延長するということのようです。

個人的には、3カ月時間を稼いでも、平成23年税制改正の成立が見込まれない以上、この際期限を1年延長してしまったほうが 「国民生活等の混乱」は回避できるのではないかと思ってしまいます。

それはさておき、3月31日に適用期限が切れるもので、上記のつなぎ法案によって期限が延長されるものの例としては以下のようなものがあります。

①「試験研究を行った場合の法人税額の特別控除の特例( 措法42条の4の2)」

②「中小企業等基盤強化税制( 措法42条の7)」

③「中小企業者等の法人税率の特例( 措置法42条の3の2)」

①については「つなぎ法案」では「第四十二条の四の二第一項及び第二項第二号中「平成二十三年三月三十一日」を「平成二十三年六月三十日」に改め」とありますので、適用期限が「青色申告書を提出する法人の平成21年4月1日から平成23年6月30日までの間に開始する各事業年度において」ということになると思います。
だとすると、3月決算の会社においては実質1年延長ということになるのではないかと思います。

②については「つなぎ法案」では「第四十二条の七第一項及び第五項、(中略)の規定(中略)中「平成二十三年三月三十一日」を「平成二十三年六月三十日」に改める 」とありますので、適用期限が「昭和62年4月1日から平成23年6月30日までの期間(以下この項及び次項において「指定期間」という。)内に、(中略)取得し」ということになると思います。
したがって、この場合はあくまで取得が6月30日までのものについてだけ税額控除等の対象となりうると いうことだと考えられます。

③については「つなぎ法案」では「第四十二条の三の二第一項及び第二項中「平成二十三年三月三十一日」を「平成二十三年六月三十日」に改める。」とされていますので、適用期限が「平成21年4月1日から平成23年6月30日までの間に終了する各事業年度の所得に係る同法その他法人税に関する法令の規定の適用について」ということになると思います。
したがって、3月決算の会社の場合は中小企業者等に該当しても今のところ実質的に影響はなさそうです。

期限を3月31日から6月30日に変更するだけではありますが、元々の適用期限の要件が、開始事業年度なのか、終了事業年度なのか、あるいはその期間内なのかで異なっているので注意が必要です。

日々成長

関連記事

  1. 消費税(その13)-課税売上割合の算出3

  2. 法人税個別通達を踏まえたリバースチャージ方式の仕訳方法

  3. 連結納税の税効果(その3)

  4. 所得拡大促進税制の確認(その2)-用語の意義

  5. 平成30年度税制改正大綱が決定(その1)

  6. 子会社に対する高額外注費に行為計算否認規定が適用された事案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る