menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する

このブログは、Wordpress 3.0、テーマTwentyten、サーバー WADAXで運営していますが、月2千円位の費用がかかるので、少しでも負担を減らせればと思いGoogle Adsenseを導入してみようと思い立ちました。

そこで導入の仕方を調べたところ、基本的な作業は「百式管理人のライフハックブログ」に詳しく記載されていました。

上記のサイトでは”ad-links”という名称を用いていますが、名前はなんでも構わないようです。
例えば私は名前を”ad-2″としたので、挿入するのは<?php adsensem_ad(‘ad-2’); ?>となります。

次にどこに入れるのかですが、上記サイトによればsingle.phpに入れるということは分かりましたが、上記のサイトはtwentytenではないので同じように入れるということができません。
私は素人なので困ってしまいましたが、「基本からしっかりわかるWordPress 3カスタマイズブック」のsingle.phpの構成の解説を参考に以下の箇所に挿入しました。

上記を挿入すると、以下のように広告が表示されるようになります。

なお、上記の広告は”ビックバーナー”ですが、表示されるコードそのままの大きさだと右の方の検索やカレンダーに重なってしまいました。
そこで大きさを変更したいと思い標準コードで表示される「google_ad_width = 728;」の728を600に変更したところちょうどいい大きさになりました。

なお、下の方は「レクタングル大」というサイズで、挿入位置は試行錯誤の結果以下の場所だとこのサイトのような場所に表示されることが分かりました。

参考までに、下から2行目footerとsidebarの間に入れるとコメント記入欄の下に表示されるようになります。

日々成長

関連記事

  1. .com/wordpress/というURLから/wordpres…

  2. Tagページのカスタマイズ

  3. WordPressの自動更新

  4. 人気のある記事を表示するプラグイン-「WP-PostViews」…

  5. カテゴリーの階層化

  6. WordPress3.3.1へのバージョンアップ準備(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る