menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 条件付対価返還の会計処理を明確化する方向で検討
  2. 日産自動車の経営者って・・・
  3. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  4. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  5. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  6. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  7. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  8. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  9. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  10. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

企業財務会計士なくなる!

大量合格者の就職難救済を目論んで導入が検討されていた「企業財務会計士」制度ですが、「関連法案から同制度の創設を削除する修正案を野党が提出し、参院財政金融委員会で21日、可決され」、導入が見送られることになりました。

企業が必要としていないと自民党などが反対したようです。私もあまり意味はないと思いますが、「企業が必要としていない」というのはもっともらしいですが、理由になっていない気がします。

別に企業が「企業財務会計士」なるものを雇用しなければならないという制度ではないので、企業としては作りたきゃ作ればいいんじゃないの?という感じではないでしょうか。ただ、「企業財務会計士」だからといって、高待遇で雇用する気はないというのが実態のような気がします。

会計基準もどんどん変わり、監査も細かくなって、会社に専門的な知識を持った人のニーズがないわけではないと思います。ただ、やはり試験に合格しただけの人には魅力をあまり感じないということです。

「企業財務会計士」なる制度のもとで、税理士登録が可能だったのかはわかりませんが、仮に可能だとすれば、税理士の方には影響があったかもしれませんね。もっとも、税金を専門に勉強して実務を行っている税理士の方の仕事を減らすことになるとは思えませんが・・・

日々成長

関連記事

  1. アメックスのスカイトレベラーってどうなんだろう

  2. 日本の政治はどうすればよくなるのか

  3. 尖閣諸島問題

  4. 福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか-大前研一氏を総括責任者と…

  5. メガネも通販の時代?

  6. ANAカードで貯めたマイルをeクーポンへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る