menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

企業財務会計士なくなる!

大量合格者の就職難救済を目論んで導入が検討されていた「企業財務会計士」制度ですが、「関連法案から同制度の創設を削除する修正案を野党が提出し、参院財政金融委員会で21日、可決され」、導入が見送られることになりました。

企業が必要としていないと自民党などが反対したようです。私もあまり意味はないと思いますが、「企業が必要としていない」というのはもっともらしいですが、理由になっていない気がします。

別に企業が「企業財務会計士」なるものを雇用しなければならないという制度ではないので、企業としては作りたきゃ作ればいいんじゃないの?という感じではないでしょうか。ただ、「企業財務会計士」だからといって、高待遇で雇用する気はないというのが実態のような気がします。

会計基準もどんどん変わり、監査も細かくなって、会社に専門的な知識を持った人のニーズがないわけではないと思います。ただ、やはり試験に合格しただけの人には魅力をあまり感じないということです。

「企業財務会計士」なる制度のもとで、税理士登録が可能だったのかはわかりませんが、仮に可能だとすれば、税理士の方には影響があったかもしれませんね。もっとも、税金を専門に勉強して実務を行っている税理士の方の仕事を減らすことになるとは思えませんが・・・

日々成長

関連記事

  1. ワンデープロシーが少し安くなっています

  2. 尖閣諸島問題

  3. kindle

    Kindle Paperwhiteを買ってみた

  4. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

  5. ワンデープロクリア(日本名:ワンデーアクエアプロシー)が今なら1…

  6. 23576070_xl

    Windows10をWindows7に戻したら日本語入力ができな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る