menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期よりKAM導入で監査基準改訂
  2. 取締役就任時の慰労金特約が持つ意味は?
  3. 2017年4月から2018年2月期の会計方針の変更は29社・30件
  4. 一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです
  5. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  6. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  7. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  8. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  9. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  10. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

太陽電池の変換効率大幅アップ

日経新聞のWebを見ていたら以下の記事がありました。

「東京大学の荒川泰彦教授らとシャープは、現在20%程度にとどまっている太陽電池の変換効率を、75%以上にできる構造をコンピューターによる解析で突き止めた。化合物半導体でできた数ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの「量子ドット」を敷き詰めた面を何層も重ねる。25日付の米物理学会の論文誌「アプライド・フィジクス・レターズ」に発表する。

考案した太陽電池は量子ドットを敷き詰めた面を積層して厚さを数~10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルにし、両面に電極を取り付ける。量子ドットの配置を最適化することで従来の太陽電池では素通りする赤外光も電気に変えることができ、変換効率を大幅に引き上げることが可能になるという。」(日経新聞Web版 2011年4月25日)

太陽電池は変換効率が低いため、発電手段としては補助的な位置づけとして見られていたと思いますが、仮に約4倍の変換効率が実現すれば大きな可能性を感じます。

コスト的にどうなのか等は、現時点では分かりませんが、国の施策としてこうした分野に注力していることは必要だと思います。

日々成長

関連記事

  1. ドラギマジックが欧州を救った?

  2. 上場直後の食中毒発生は運が悪い?-鳥貴族

  3. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

  4. facebookのページを簡単に作れるアプリ-neo appsu…

  5. 日米同時上場のLINEーIPO時に異なる監査法人の監査報告書がつ…

  6. 東京電力の今後

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る