menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

太陽電池の変換効率大幅アップ

日経新聞のWebを見ていたら以下の記事がありました。

「東京大学の荒川泰彦教授らとシャープは、現在20%程度にとどまっている太陽電池の変換効率を、75%以上にできる構造をコンピューターによる解析で突き止めた。化合物半導体でできた数ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの「量子ドット」を敷き詰めた面を何層も重ねる。25日付の米物理学会の論文誌「アプライド・フィジクス・レターズ」に発表する。

考案した太陽電池は量子ドットを敷き詰めた面を積層して厚さを数~10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルにし、両面に電極を取り付ける。量子ドットの配置を最適化することで従来の太陽電池では素通りする赤外光も電気に変えることができ、変換効率を大幅に引き上げることが可能になるという。」(日経新聞Web版 2011年4月25日)

太陽電池は変換効率が低いため、発電手段としては補助的な位置づけとして見られていたと思いますが、仮に約4倍の変換効率が実現すれば大きな可能性を感じます。

コスト的にどうなのか等は、現時点では分かりませんが、国の施策としてこうした分野に注力していることは必要だと思います。

日々成長

関連記事

  1. ANAのマイレージeクーポンがSKYコインと呼ばれるようになって…

  2. 結局オリンパスの上場は維持されそうです

  3. iPadのスクリーンコピー

  4. 日本国債の格下げ

  5. 海外ホテルの予約サイト-エクスペディア vs Hotel.com…

  6. 『「評判」はマネジメントせよ』-ダニエル・ディマイアー著

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る