menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  2. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  3. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  4. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  5. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  6. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  7. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  8. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  9. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  10. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

計画停電と休日振替

厚生労働省労働基準局からの通達により、「計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業については、原則として労働基準法第26条の使用者の責めに帰すべき事由による休業には該当しない」ため、労働者からすればこの間の休業手当はもらえません。

ここ2,3日は落ち着いていますが、夏に向けて電力消費量が増加していくことが見込まれるため今後も計画停電による休業が発生する可能性は高いと考えられます。

まだ震災から20日程度の実績しかありませんが、土日は電力の大口利用者が営業していないこと等により停電が見送られる傾向があるようです。

だとすれば、通常であれば土日を休日としている工場等は、土日に仕事をして、平日休みに振り替えるということを検討する余地があります。

前述の通り、電力が供給されないことを原因として休業しても、労働者は休業手当をもらえませんし、事業者も営業できなければ人件費以外の固定費で損失が生じるため、両者の観点から営業を選択したほうがメリットがあるためです。

そこで、休日振替について労基法の観点からの注意点をまとめておきます。

(1)休日振替を実施するための要件

①就業規則に「勤務に必要がある場合には、他の日に振り替えることができる」旨を記載していること。

②4週4日の休日を確保した上で、振替日を特定すること

③遅くとも前日までに本人に通知する。

①については、休日に関する事項は就業規則の絶対的記載事項であるため振替についても記載がなければ振替を会社が一方的に行うことはできないという意味です。就業規則に記載がない場合は、個々の労働者の同意があれば振替は可能となります。今回のケースでは、労働者も給料がもらえなければ困るので就業規則に休日振替の項目がなくても同意を得られると思いますが、仮にそのような定めがない場合にはこの機に就業規則の見直しをされた方が良いと思います。

②については、通常土日休みであった会社が休日をずらすだけであれば、それほど問題になることはないと思いますが、一応気をつける必要はあります。

なお、所定の曜日が休みの場合は、一週間の起算日を定めていないことも多いと思いますが、行政解釈により「一週間とは、就業規則その他に別段の定めがない限り、日曜日から土曜日までのいわゆる暦週をいう」(昭和六三年一月一日基発第一号、婦発第一号)とされていますので、参考までに記載しておきます。

上記「昭和六三年一月一日基発第一号、婦発第一号」の全文は下記(厚生労働省HP)で参照可能です

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=6745

③については、「遅くとも前日」とされていますが、労働者側からすれば、やはり1週間位前には言ってもらいたいところだと思います。変なところで労働者のモチベーションを下げてしまってはもったいないので、極力早く振替日を決定して通知するという運用が必要だと考えられます。,/p>

(2)割増賃金との関係

休日振替は、労働義務のない休日を労働義務のある労働日とあらかじめ振り替える(交換する)ことで、休日であった日は「労働日」に、労働日であった日は「休日」に変更になります。

したがって、振替により「労働日」となった当初休日の労働は割増賃金の対象とはならず、逆に「休日」となった当初労働日に労働したとすれば、休日労働として割増賃金の対象となります。

日々成長

関連記事

  1. 会社によるメールのチェックはプライバシー権に反するか

  2. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  3. 下位5%評価で退職勧奨!-サイバーエージェント社

  4. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?

  5. 社外取締役・監査役報酬の動向-労政時報調べ

  6. 給与明細はEメールで送付してもよいか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る