menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2011年3月期から適用開始となる新基準一覧

今回の3月決算で、会社法の計算書類の注記を作成していて再度、今期から適用開始となる新基準を確認しました。

基準を一覧にまとめると以下のとおりです。

会社法の計算書類(単体)のみの場合だと、関連するのは資産除去債務と棚卸資産の基準ですが、棚卸資産については従来、後入先出法を使用していなければ特に新基準の適用について記載は不要だと考えられます。私の場合は結局、記載が必要なのは資産除去債務だけということになりました。

日々成長

関連記事

  1. 機能通貨が自国通貨でない場合はどうなる?-IAS21号

  2. 虚偽記載等の損害賠償責任が過失責任に

  3. 過年度遡及修正-適用初年度は前期分を修正するのかしないのか

  4. 大王製紙も忘れてはなりません(その2)

  5. 税制改正に応じて定額法への変更は正当な理由による会計方針の変更で…

  6. 包括利益計算書と計算書類の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る