menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  2. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  3. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  4. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  5. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  6. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  7. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  8. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  9. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  10. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

CAGR(売上高成長率)

売上の金額が前年に比べてどれだけ増減したかは簡単に計算できますが、もう少し長い期間ごとに増減率の傾向を把握したい場合に使用できるCAGR(Compound Average Growth Rate)という指標を紹介します。

CAGRとか言われるとなんか凄そうな感じがしますが、簡単に言えば、単なる年平均成長率です。ただし、この場合の平均は単純平均ではなく、複利計算的(より適切な表現が思い浮かびませんでした)な平均率です。

たとえば、直近20年間を5年毎に区切って売上高の増減率の推移を比較しようとしたとします。この場合、ある期間(5年間)の最初の年の売上高が100、5年目の売上高が200であったとすると、5年目の売上は初年度の100%増ということになります。

では、この期間に毎年平均して売上がどれだけ増加したといえるのでしょうか。5年で100%増加しているので年間20%としたいような気もしますが、仮に20%増だとすると5年目の売上高は以下のようになるはずです。

100(初年度売上)×(1+0.2)4≒207

なんとなくいい感じの数字に見えますが、200と207だと3.5%の差となり、この差は結構重要です。

金利の計算に強い方や理系の方は、CAGRとかいう用語をしらなくても正しい年平均の増加率を算出して使用できそうですが、そうでない場合は、難しいことは考えず以下の公式を利用すればよいと思います。

先程の例は、

①初年度の売上 100

②n年度の売上 200

③n=5

なので、これを上記の公式にあてはめると、以下のようになります。

と、計算式を示されても役に立たないので、Excelでの計算方法を示しておくと以下のようになります。
=((200/100)^(1/4))-1

これで計算すると、年平均の増加率は約18.9%と計算されます。一応検算すると、
100×(1+18.9%)4≒199.9となり妥当な増加率であることが確認できます。

より大きなスパンで傾向を把握することも重要な分析手法だと思います。

日々成長

関連記事

  1. 日銀円売り介入実施

  2. 23区格差ー池田利通著

  3. ベネッセ経営陣-ITリテラシー不足で約145億円の損害は責任追及…

  4. 「機械との競争」(エリック・ブリニョルフソン著)-技術の進化が失…

  5. 高福祉=幸せか?(世界一幸せな国デンマークについて)

  6. 「カジノ調査」をトーマツが激安落札って、いくらだろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る