menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  2. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  3. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  4. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  5. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  6. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  7. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  8. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  9. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  10. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「適用額明細書」って何?-平成23年4月1日以後終了事業年度から必要

平成22年度税制改正において、「租税特別措置法の適用状況の透明化等に関する法律(租特透明化法)」が制定されています。

これにより、平成23年4月1日以後終了する事業年度において法人税関係の租税特別措置を適用する場合には、「摘要額明細書」を作成し、法人税申告書に添付して税務署に提出する必要があります。

「平成23年4月1日以後終了する事業年度」なので4月決算や5月決算の会社は要注意といえそうです(3月決算の会社については、直前に色々なところで話題になると思いますので・・・)。

特に中小企業は注意が必要です。試験研究を行った場合の法人税額の特別控除や中小企業者等が機械を取得した場合の特別償却もないし租税特別措置法なんて関係ないと思ってしまいますが、中小企業者等の法人税率の特例(18%部分)も租税特別措置法の適用を受けていることにあたります

「適用額明細書」の添付がなかった場合又は添付があっても虚偽の記載があった場合には、法人税関係特別措置の適用が受けられないこととされています(「適用額明細書の記載の手引(国税庁)A5」。

適用額明細書の提出を失念等した場合であっても、その後速やかに提出ないし再提出すればよいが、提出しなかった場合は最終的に租税特別措置法の適用を受けられないことになってしまいます。

具体的な記載方法等は、「適用額明細書の記載の手引(国税庁)」に記載されていますので、以下のURLを参照してください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hojin/tekiyougaku/pdf/all.pdf

日々成長。

 

関連記事

  1. 過年度遡及修正会計基準による修正と税法の「確定した決算」の関係

  2. 事業年度が1年未満の場合の減価償却限度額

  3. 平成25年度税制改正-中小企業向け改正点の確認

  4. 法人税申告書勘定科目内訳明細書の作り方(その3)-棚卸資産・有価…

  5. 100万円未満の美術品の償却資産申告-3月決算法人は平成28年度…

  6. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る