menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  2. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  3. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  4. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  5. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  6. 資本金1円の上場企業が急増?
  7. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  8. SMCの「北米疑惑」?
  9. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
  10. 日産自動車の配当利回りは4.62%
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

新「四半期決算短信様式・作成要領」

平成23年4月1日以後開始する事業年度の第1四半期決算より適用される「四半期決算短信様式・作成要領」が東京証券取引所から6月3日に公表されました。

基本的に「包括利益の表示に関する会計基準」(平成22年6月30日公表)及び「四半期財務諸表に関する会計基準」(平成23年3月25日公表)などの新基準に対応したもので、大きな変更はないようです。

新基準に対応した事項としては、以下の二つが変更になります。
①「四半期財務諸表に関する会計基準」に関連し、一株当たり純資産の開示が不要になります。
②年度の決算短信と同様に包括利益の表示が求められるようになります。

(東証:「四半期決算短信様式・作成要領」より抜粋)

なお、「四半期決算短信様式・作成要領」は以下から入手できます。
http://www.tse.or.jp/rules/kessan/quarter/q-yoryo/index.html

日々成長。

 

関連記事

  1. 会社計算規則の一部改正-退職給付に関する会計基準に対応

  2. 債務超過の子会社から他の子会社への無対価吸収分割

  3. 役員報酬は事後的に総会決議しても適法?

  4. 「計算書類に係る附属明細書のひな型」の改正-会計制度委員会研究報…

  5. 改正会社法(その8)-重要な子会社の株式等の譲渡手続

  6. 元子会社の粉飾で親会社が損害賠償責任を負うこととされた事例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る