menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

精神障害を事由とする労災申請(その3)

今回は「精神障害を事由とする労災申請(その1)」の追記になります。

2011年6月14日に厚生労働省から平成22年度の「精神障害等の労災補償状況」のデータが発表されました。

平成22年度の「精神障害等」による労災の請求件数は1181件(前年比103.9%)となっています。また、支給決定件数は308件(前年比131.6%)で認定率は29.0%(平成21年度は27.5%)となっています。

平成14年度以降の推移をグラフにすると以下のようになります。

なお「請求障害等で支給決定された事案」の1か月平均の時間外労働時間別の決定件数は以下のようになっています。

(厚生労働省 2011年6月14日公表資料より抜粋)

上記の表では請求件数との関係がわかりませんが、全体の決定件数に占める80時間以上の件数の割合をみると約32%から約41%に増加しており、やはり時間外労働80時間というのがポイントとなりそうです。

日々成長。

関連記事

  1. 社外取締役・監査役報酬の動向-労政時報調べ

  2. ストレスチェックと面接指導の施行日は平成27年12月1日で確定

  3. 取引先の接待に要する時間は時間外労働か?

  4. 経団連が深夜業の割増賃金の緩和を求める??

  5. 傷病手当金の代理受領は違法?

  6. 従業員持株会への奨励金は増加傾向?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る