menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

精神障害を事由とする労災申請(その3)

今回は「精神障害を事由とする労災申請(その1)」の追記になります。

2011年6月14日に厚生労働省から平成22年度の「精神障害等の労災補償状況」のデータが発表されました。

平成22年度の「精神障害等」による労災の請求件数は1181件(前年比103.9%)となっています。また、支給決定件数は308件(前年比131.6%)で認定率は29.0%(平成21年度は27.5%)となっています。

平成14年度以降の推移をグラフにすると以下のようになります。

なお「請求障害等で支給決定された事案」の1か月平均の時間外労働時間別の決定件数は以下のようになっています。

(厚生労働省 2011年6月14日公表資料より抜粋)

上記の表では請求件数との関係がわかりませんが、全体の決定件数に占める80時間以上の件数の割合をみると約32%から約41%に増加しており、やはり時間外労働80時間というのがポイントとなりそうです。

日々成長。

関連記事

  1. 高福祉=幸せか?(世界一幸せな国デンマークについて)

  2. 10049868_xl

    帰宅困難時のタクシー代を会社に請求できるか?

  3. 学生バイトが学校から移動中に災害にあった場合に通勤災害となるか?…

  4. 23576070_xl

    痴漢行為で略式命令を受けた社員を諭旨解雇にするも、弁明の機会を与…

  5. 14445961_xl

    プラチナくるみん認定企業が100社を突破-認定企業は公共調達で有…

  6. 平成28年度税制改正でマイナンバー記載対象書類の見直しが行われる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る