menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

通勤手当と消費税・所得税の関係

前回のエントリで出張手当と所得税や消費税の関係を確認したので、ついでに通勤手当との関係についても確認しておきます。

1.源泉徴収の対象となるか(所得税との関係)

この点については、特に確認が不要というくらい広く知られていると思いますが、所得税法上は月額10万円までが非課税限度額として取り扱われます。

2.課税仕入となるか(消費税との関係)

迷うとすればこちらだと思いますが、通勤交通費は業務の必要に基づく支出の実費弁償であるとともに,事業者が課税仕入れの対象となる交通費を購入し,従業員等に対して交付したものと同様であると考えられるため課税入れとして取り扱うことができます。

なお、月額の通勤手当が10万円を超えた場合、超過部分も課税仕入の対象となるのか、所得税が課税されることから給与等として課税仕入とすることができないのかが問題となります。

この点、消費税基本通達11-2-2からすると、通勤に通常必要であると認められる部分の金額であれば全額課税仕入として取り扱うことができることになります

出張手当の取扱いと比較すると、源泉徴収の対象となる部分かどうかで消費税の課税仕入の対象となるかどうかが異ならないということになります。

参考までに、消費税基本通達11-2-2を転載しておきます。

「事業者が使用人等で通勤者である者に支給する通勤手当(定期券等の支給など現物による支給を含む。)のうち、当該通勤者がその通勤に必要な交通機関の利用又は交通用具の使用のために支出する費用に充てるものとした場合に、その通勤に通常必要であると認められる部分の金額は、課税仕入れに係る支払対価に該当するものとして取り扱う。」

最後に、単身赴任者に対して月1回帰宅手当を実費で支給しているような場合はどうなるのかを確認しておきます。

このような帰宅手当については、職務と関係なく毎月支払われることから、職務を遂行するための旅費とは認められず、給与として源泉徴収の対象となり、給与扱いのため消費税上も課税仕入として取り扱うことはできないものと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 固定資産税価額が不明な場合の社宅家賃の考え方

  2. 平成24年税制改正(その1)-法人税及び租税特別措置法

  3. 復興特別法人税が実効税率に与える影響-早ければ3Qから

  4. 「平成23年12月改正 法人の減価償却制度の改正に関するQ&A」…

  5. 海外支店取引にも要注意-国外事業者からの役務提供

  6. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る