menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日産自動車の経営者って・・・
  2. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  3. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  4. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  5. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  6. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  7. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  8. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  9. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
  10. 落ち着いたかと思いきや定率法から定額法への変更が増加
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Googleの検索向けAdsenseを導入する-WordPress

最初に確認しておくと、私のサイトはWordpressのテーマtwentytenで現状のバージョンは 3.1.2です。なんでこんなことを最初に書いておくかというと、私も素人なので、使用しているテーマ等が異なり、ファイル等の構成が異なるとどうしていいかよくわからないためです。

Googleの検索ボックスを設置しているサイトをみてどうやるんだろうと思っていたら、どうやらAdsenseの一種で「検索向けAdsense」を使用すればいいらしいことがわかったので試してみました。

検索向けAdsenseを使用すると、検索対象は特定のサイト(自分のサイト)かあるいは通常のGoogle検索のようにすべてのサイトかを選択できます。

当初、もともとウィジェットにあった「検索」でサイト内の検索はできるので、検索ボックスを二つにしてみましたが、IEにしてもCromeにしてもタブ方式で次々に画面を開いて検索していけるので自分のサイトに自分のサイト以外を検索するボックスはなくてもいいのではないかというように考えなおしました。

だったら、最初から機能としてあるウィジェットの検索機能を使用すればいいということになりますが、あれこれ試行錯誤してやってみたのでとりあえず使用してみることにしました。

基本的には以下のサイトの「WordpressにGoogle検索向けAdsenseを導入する方法」にやり方が詳しく記載されていましたので、それを参考にさせていただきました。
http://orangeorange.jp/archives/12812

ただし、上記のサイトで「2 WordPressに検索用テンプレート追加」で表示されているコードは以下のようにしないと、検索結果を表示するページに無駄な文字が表示されてしまいます。

< ?php
/*
Template name:googlesearch
*/
get_header(); ?>

また、検索ボックスのコードをどこに貼りつけるのかも困りましたが、これについては、ウィジェットの中に「テキスト」という項目があるので、それを利用することができることがわかりました。
この?ウィジェットを使用することにして、ここに取得した検索ボックスのコードを貼りつけることによって検索ボックスを作成することができます。

これで使用できるようになりましたが、検索結果で表示されるページをもう少し絞り込めないか検討する必要がありそうです。

日々成長

 

関連記事

  1. アーカイブ画面の修正

  2. 約5000件のサイト改ざんが発生したようです

  3. WordPress3.3.1へのバージョンアップ準備(その2)

  4. WordPress カテゴリー画面のカスタマイズ-その2

  5. カテゴリーの階層化

  6. スマホサイトの情報ポータルページについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る