menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  2. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  3. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  4. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  5. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  6. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  7. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
  8. 会社法施行規則及び会社計算規則の改正(2018年3月)
  9. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されているよう…
  10. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Windows7のProfessionalからUltimateへのアップグレード

そろそろPCの買い替えの時期なので、Windows7のProfessionalが搭載されているノートPCの購入を検討していました。

ただ、データの暗号化を可能にするBitLockerの機能を使用したいのでUltimeteへアップグレードしたいと思って調べたら、どうやらAnytime Upgradeというソフトでアップグレードが可能だということがわかりました。

ここまでは、どうという話ではありませんが、Home PremiumからUltimateへのAnytime Upgradeについてパッケージ版の定価が17,640円ですが、Amazonで購入すると13,284円で購入することができます。

一方で、ProfessionalからUltimateヘの?Anytime Upgradeについては、マイクロソフトのHPによると「オンラインの提供のみ」となっており、パッケージ版の販売はなく、販売価格は16,590円となっています。

つまりHome PremiumからUltimateのパッケージ版を購入したほうが安いのです。大は小をかねるというのであれば、Home PremiumからUltimateのパッケージ版を購入したいと思ったのですが、それが可能かをマイクロソフトに問い合わせてみたところ、ProfessionalからUltimateのものを購入しなければだめとのことでした。

うーん、なんとかならないもんですかね。マイクロソフトさん・・・

(追記)
上記のようにオンラインで購入するしかないかないので、ProfessionalからUltimateヘの?Anytime Upgradeを購入しました。アップグレードするための処理については、難しいことなく完了しました。ただ、やはりなんか損した気がします・・・

日々成長

関連記事

  1. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

  2. Scansnap iX500 を使用した感想

  3. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…

  4. ロジクールのトランスフォームキーボードTK900

  5. MOLESKINEの18か月スケジュール帳2014年版

  6. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る