menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その2)
  2. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その1)
  3. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  4. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  5. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  6. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  7. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  8. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  9. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  10. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Windows7のProfessionalからUltimateへのアップグレード

そろそろPCの買い替えの時期なので、Windows7のProfessionalが搭載されているノートPCの購入を検討していました。

ただ、データの暗号化を可能にするBitLockerの機能を使用したいのでUltimeteへアップグレードしたいと思って調べたら、どうやらAnytime Upgradeというソフトでアップグレードが可能だということがわかりました。

ここまでは、どうという話ではありませんが、Home PremiumからUltimateへのAnytime Upgradeについてパッケージ版の定価が17,640円ですが、Amazonで購入すると13,284円で購入することができます。

一方で、ProfessionalからUltimateヘの?Anytime Upgradeについては、マイクロソフトのHPによると「オンラインの提供のみ」となっており、パッケージ版の販売はなく、販売価格は16,590円となっています。

つまりHome PremiumからUltimateのパッケージ版を購入したほうが安いのです。大は小をかねるというのであれば、Home PremiumからUltimateのパッケージ版を購入したいと思ったのですが、それが可能かをマイクロソフトに問い合わせてみたところ、ProfessionalからUltimateのものを購入しなければだめとのことでした。

うーん、なんとかならないもんですかね。マイクロソフトさん・・・

(追記)
上記のようにオンラインで購入するしかないかないので、ProfessionalからUltimateヘの?Anytime Upgradeを購入しました。アップグレードするための処理については、難しいことなく完了しました。ただ、やはりなんか損した気がします・・・

日々成長

関連記事

  1. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

  2. Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?…

  3. iOS5にしようとiTuneをアップデートしようとしたら、「この…

  4. 海外で安くiPhoneを使うには・・・

  5. イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違…

  6. ロジクールのトランスフォームキーボードTK900

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る