menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  2. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  3. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  4. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  5. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  6. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  7. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  8. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  9. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
  10. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場合の取…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査法人トーマツも早期退職の募集を開始

監査法人トーマツが公認会計士などを対象に希望退職440人募集という記事が一昨日(7月12日)の日経新聞のWEBに掲載されていました。

同記事によると、「金融危機後の景気悪化や新規上場企業の減少が響いて監査報酬収入が低迷、2010年9月期は経常赤字に転落していた。収益改善に向けコストを圧縮する。」そうです。

さらに、「早期希望退職を募集するのは幹部(パートナー、ディレクター)から40人と、入社3年目以上の職員(会計士、コンサルタントなど)から400人。対象範囲となる職員全体のおよそ8%に相当する。応募者には割増退職金を支払うほか、再就職支援もする。退職日は9月末となる。」と記載されています。

大手監査法人は似通った人員構成になっていることが想定されるので、新日本監査法人で早期退職が募集されたことから監査法人トーマツで早期退職が募集されたとしてもそれほど驚くことではないと思います。

数年のタイムラグはあるかもしれませんが、あずさ監査法人でもそのうち早期退職の募集がかかるのではないかという気がします。

先日IFRSの適用時期が当初いわれていた2015年から延期されることがほぼ確実になりましたが、これと今回の早期退職の募集の開始は何らかの影響があったのか、なかったのか・・・
いずれにしても、いまの経済状況では募集数の希望退職者を集めるのはなかなか難しそうです。?あまり無茶なことをして裁判沙汰にならないことを祈ります。

なお、トーマツでは今年の合格者については200人程度を採用する予定とのことですが、合格者の就職事情は一層厳しくなりそうです。

日々成長。

関連記事

  1. Facebookの時価総額は$100 billion?

  2. 「第二会社方式」とは?(その1)

  3. 中国経済の打ち出の小槌

  4. 何がユニクロを訴訟に踏み切らせたか?-「ユニクロ帝国の光と影」を…

  5. 「機械との競争」(エリック・ブリニョルフソン著)-技術の進化が失…

  6. RHインシグノは上場廃止とのことですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る