menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  2. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  3. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  4. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  5. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  6. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  7. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  8. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  9. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  10. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電力不足の不可解ー日本版WSJより

ウォールストリートジャーナル日本版のHPで、東京工科大学大学院ビジネススクール教授の尾崎弘之氏が「電力使用制限令発動―「電力不足」不可解」という記事を書いて内容が興味深かったので紹介します。

この記事で知りましたが、電気料金が諸外国に比べて高いのは、従来平均的な停電時間が少なく供給信用度が高いためと説明されていたそうです。同氏はそうだとするならば、いつ停電が起きるかわからない状況になったのであれば、電気料金は下がるはずのところ、むしろ値上げの方向で話が進んでいるのはおかしいと主張しています。

また、当初発表されていた電力供給能力から1000万KW以上も供給能力の発表数値が増加した主な要因は「当初、揚水発電をカウントしていなかったことである。揚水発電は夜間の余剰電力を使ってダムの水位を上げ、翌日の昼間にダムの水力発電を使う「蓄電設備」である。揚水発電は通常、出力調整が困難な原発の余剰電力を貯めるために使われる。ところが、被災後、東電管内の多くの原発が稼働を停止したので、揚水発電が不要になったということが、供給予定量に揚水発電がカウントされなかった理由のようだ。」としています。

これが本当だとすると、あまりにずさんというか、知恵が足りないというか本当に大丈夫なのかと改めて感じます。
発表されている電力供給量も本当なのか(少なめに発表されているのではないか)という疑念は多くの人がもっているものではないかと思います。これから暑さが厳しくなっていきますが、無駄な節電に協力して熱中症などで命を落とすような人がでないことを願います。

上記記事のURLは以下です。

http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_267534

日々成長

関連記事

  1. 東京電力のCDSスプレッドの推移

  2. ウィルスバスターで自分のサイトの記事が未評価とされる状態を解消す…

  3. 中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は小休止も高水準

  4. 「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」-CEOを退きました…

  5. ストーリーとしての競争戦略

  6. オイルシェールの天然ガス化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る