menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電力不足の不可解ー日本版WSJより

ウォールストリートジャーナル日本版のHPで、東京工科大学大学院ビジネススクール教授の尾崎弘之氏が「電力使用制限令発動―「電力不足」不可解」という記事を書いて内容が興味深かったので紹介します。

この記事で知りましたが、電気料金が諸外国に比べて高いのは、従来平均的な停電時間が少なく供給信用度が高いためと説明されていたそうです。同氏はそうだとするならば、いつ停電が起きるかわからない状況になったのであれば、電気料金は下がるはずのところ、むしろ値上げの方向で話が進んでいるのはおかしいと主張しています。

また、当初発表されていた電力供給能力から1000万KW以上も供給能力の発表数値が増加した主な要因は「当初、揚水発電をカウントしていなかったことである。揚水発電は夜間の余剰電力を使ってダムの水位を上げ、翌日の昼間にダムの水力発電を使う「蓄電設備」である。揚水発電は通常、出力調整が困難な原発の余剰電力を貯めるために使われる。ところが、被災後、東電管内の多くの原発が稼働を停止したので、揚水発電が不要になったということが、供給予定量に揚水発電がカウントされなかった理由のようだ。」としています。

これが本当だとすると、あまりにずさんというか、知恵が足りないというか本当に大丈夫なのかと改めて感じます。
発表されている電力供給量も本当なのか(少なめに発表されているのではないか)という疑念は多くの人がもっているものではないかと思います。これから暑さが厳しくなっていきますが、無駄な節電に協力して熱中症などで命を落とすような人がでないことを願います。

上記記事のURLは以下です。

http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_267534

日々成長

関連記事

  1. 円高関連の倒産が前年比2倍超の51社だそうです

  2. 「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」-CEOを退きました…

  3. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  4. 国民負担が少ない東電処理とは(その1)‐経産省 古賀茂明氏

  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?

  6. The global debt clock-自分の預金もこれくら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る