menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内々定の法的性格は?
  2. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  3. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  4. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  5. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  6. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  7. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  8. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  9. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  10. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電力不足の不可解ー日本版WSJより

ウォールストリートジャーナル日本版のHPで、東京工科大学大学院ビジネススクール教授の尾崎弘之氏が「電力使用制限令発動―「電力不足」不可解」という記事を書いて内容が興味深かったので紹介します。

この記事で知りましたが、電気料金が諸外国に比べて高いのは、従来平均的な停電時間が少なく供給信用度が高いためと説明されていたそうです。同氏はそうだとするならば、いつ停電が起きるかわからない状況になったのであれば、電気料金は下がるはずのところ、むしろ値上げの方向で話が進んでいるのはおかしいと主張しています。

また、当初発表されていた電力供給能力から1000万KW以上も供給能力の発表数値が増加した主な要因は「当初、揚水発電をカウントしていなかったことである。揚水発電は夜間の余剰電力を使ってダムの水位を上げ、翌日の昼間にダムの水力発電を使う「蓄電設備」である。揚水発電は通常、出力調整が困難な原発の余剰電力を貯めるために使われる。ところが、被災後、東電管内の多くの原発が稼働を停止したので、揚水発電が不要になったということが、供給予定量に揚水発電がカウントされなかった理由のようだ。」としています。

これが本当だとすると、あまりにずさんというか、知恵が足りないというか本当に大丈夫なのかと改めて感じます。
発表されている電力供給量も本当なのか(少なめに発表されているのではないか)という疑念は多くの人がもっているものではないかと思います。これから暑さが厳しくなっていきますが、無駄な節電に協力して熱中症などで命を落とすような人がでないことを願います。

上記記事のURLは以下です。

http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_267534

日々成長

関連記事

  1. 米国債の格下げ-S&P

  2. 東京電力をこのまま存続させることは妥当なのか??

  3. 中小企業金融円滑化法終了カウントダウン-2013年2月利用後倒産…

  4. 2012年上期のMBOは3社

  5. 東京電力のCDSスプレッドの推移

  6. 金融円滑化法利用後倒産が過去最高に-2013年4月(帝国データバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る