menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Rosetta Stoneをはじめてみました

英語を話せるようになるために今までいろいろやってきましたが、また何かやろうと思い検討した結果、Rosetta Stoneをやってみようという結論に至りました。

英会話学校はGaba、ベルリッツ、日英英会話学院など通いましたが、どこかがものすごくいいという感じではありませんでした。
ベルリッツの受講料は高めで、講師の質も高いというのが売りのようですが、正直なところよくわかりません。相当レベルが高い場合に感じられる差なのかもしれません。
Gabaはベルリッツより安いですが、かといって決して安いわけでもなく、先生の質もばらつきが大きいという印象です(ただし、5年以上前なので変わっているかもしれません)。
日英英会話学院は、マンツーマンの英会話も選択できたと思いますが、どちらかというと総合力を高める英語学校というのが当てはまる感じです。

どの学校も通ってもプラスになることは間違いないと思いますが、費用対効果ということを考えると継続するのを躊躇してしまいます。
スカイプなどを使用したレアジョブのような英会話も考えましたが、以前から興味があったロゼッタストーンをやってみようと思いました。

価格は英語(アメリカ)のレベル1からレベル5までのフルセットで、事前の無料体験登録でもらえる10%割引を適用すると5万円弱です。ただ、オンラインレッスン等を受けられる期間が3か月しかついていないので追加で購入する必要がありそうです。
偽物も出回っているようなので公式ストアから購入しましたが、Amazonではオンライン15か月版がついて51000円位で販売されています。

レベルについてはレベル1からやるのが効果が一番高いとされていたのでレベル1から始めました。レベル1からなので内容は簡単で、ほとんど詰まることはありませんが、「swim」の発音で引っかかり何度かやり直しが必要でした。

とりあえず継続してやっていこうと思います。




日々成長

関連記事

  1. 伝説のスピーチで英語を学ぶ

  2. 無料英文チェッカ-「Ginger」の日本上陸

  3. スーパーエルマー・・・結構役に立つ英語教材

  4. 30日で英語耳-「リスニングパワー」という教材が売れているようで…

  5. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  6. 英語を正しく読む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る