menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. インボイス制度の消費税端数処理はインボイス単位でしか認められない
  2. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より
  3. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社
  4. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?
  5. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです
  6. 株式譲渡契約時の未払租税債務について売主に賠償命じる判決
  7. 攻めのIT経営銘柄が攻めすぎた件
  8. 法人が収受した立退料の消費税の取扱いは?
  9. 平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になって…
  10. 山梨県のぶどうの樹はやはり財産評価額も高くなるのか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Rosetta Stoneをはじめてみました

英語を話せるようになるために今までいろいろやってきましたが、また何かやろうと思い検討した結果、Rosetta Stoneをやってみようという結論に至りました。

英会話学校はGaba、ベルリッツ、日英英会話学院など通いましたが、どこかがものすごくいいという感じではありませんでした。
ベルリッツの受講料は高めで、講師の質も高いというのが売りのようですが、正直なところよくわかりません。相当レベルが高い場合に感じられる差なのかもしれません。
Gabaはベルリッツより安いですが、かといって決して安いわけでもなく、先生の質もばらつきが大きいという印象です(ただし、5年以上前なので変わっているかもしれません)。
日英英会話学院は、マンツーマンの英会話も選択できたと思いますが、どちらかというと総合力を高める英語学校というのが当てはまる感じです。

どの学校も通ってもプラスになることは間違いないと思いますが、費用対効果ということを考えると継続するのを躊躇してしまいます。
スカイプなどを使用したレアジョブのような英会話も考えましたが、以前から興味があったロゼッタストーンをやってみようと思いました。

価格は英語(アメリカ)のレベル1からレベル5までのフルセットで、事前の無料体験登録でもらえる10%割引を適用すると5万円弱です。ただ、オンラインレッスン等を受けられる期間が3か月しかついていないので追加で購入する必要がありそうです。
偽物も出回っているようなので公式ストアから購入しましたが、Amazonではオンライン15か月版がついて51000円位で販売されています。

レベルについてはレベル1からやるのが効果が一番高いとされていたのでレベル1から始めました。レベル1からなので内容は簡単で、ほとんど詰まることはありませんが、「swim」の発音で引っかかり何度かやり直しが必要でした。

とりあえず継続してやっていこうと思います。




日々成長

関連記事

  1. 「日本人の9割に英語はいらない」を読んで考える

  2. 無料英文チェッカ-「Ginger」の日本上陸

  3. 信号を待つ

  4. フィナンシャル・タイムズ紙のお試しの案内が来ました

  5. 伝説のスピーチで英語を学ぶ

  6. 英語を正しく読みたいー英語リーディングパズル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る