menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過少記載…
  2. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  3. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  4. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  5. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  6. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  7. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
  8. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認
  9. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです
  10. 消費税10%への経過措置の取扱いQ&Aが公表されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

同一グループの監査意見不表明は他の会社に波及せず

監査意見不表明-同一グループの他の上場企業への影響は?」というエントリにおいて、監査法人ハイビスカスがRHインシグノ株式会社(札幌証券取引所)の平成23年3月期の財務諸表に対して監査意見不表明としたということについて触れましたが、同グループのRHトラベラーに対しては平成24年3月期第1四半期の四半期報告書については四半期レビュー報告書がきちんと出されました。

同一グループに属すると言っても、別の会社ですしRHトラベラーについては普通に報告書がでるのは当然と言えば当然ですが、RHインシグノで簿外口座の存在が発覚したというような状況を考えるとサインした会計士はかなり勇気が必要だったのではないかと思います。

普通に考えれば、「もしかして、この会社にも我々が把握できていない爆弾があるのでは・・・」と、いつも以上に細かな手続を実施するのが正攻法ですが、果たしてどのような対応をとったのか、ひいてはこのまま監査を継続するのかは非常に興味があるところです。

日々成長

 

関連記事

  1. 「過年度遡及会計基準適用後の連結財務諸表及び財務諸表の作成にあた…

  2. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その1)

  3. 平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱…

  4. 計上区分の変更の取扱い-第1四半期報告書より

  5. 少数株主との取引を資本取引とする方向で検討が再開されたそうです

  6. 現物配当の会計処理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る