menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

同一グループの監査意見不表明は他の会社に波及せず

監査意見不表明-同一グループの他の上場企業への影響は?」というエントリにおいて、監査法人ハイビスカスがRHインシグノ株式会社(札幌証券取引所)の平成23年3月期の財務諸表に対して監査意見不表明としたということについて触れましたが、同グループのRHトラベラーに対しては平成24年3月期第1四半期の四半期報告書については四半期レビュー報告書がきちんと出されました。

同一グループに属すると言っても、別の会社ですしRHトラベラーについては普通に報告書がでるのは当然と言えば当然ですが、RHインシグノで簿外口座の存在が発覚したというような状況を考えるとサインした会計士はかなり勇気が必要だったのではないかと思います。

普通に考えれば、「もしかして、この会社にも我々が把握できていない爆弾があるのでは・・・」と、いつも以上に細かな手続を実施するのが正攻法ですが、果たしてどのような対応をとったのか、ひいてはこのまま監査を継続するのかは非常に興味があるところです。

日々成長

 

関連記事

  1. 監査法人にガバナンスコードを導入?

  2. 交際費と会議費の区分

  3. 19307488_xl

    保守サービスの売上を一括計上から期間按分への変更した事例

  4. 包括利益の表示に関する会計基準(その3)

  5. 「会計不正等に対応した監査基準の検討」って本気なのか?-企業会計…

  6. ニューヨーク証券取引所の上場を取りやめても米国基準を適用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る