menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  2. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  3. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  4. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  5. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  6. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  7. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
  8. 会社法施行規則及び会社計算規則の改正(2018年3月)
  9. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されているよう…
  10. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

たまにテレビにも出演している経済産業省大臣官房付の古賀茂明氏が書いた「日本中枢の崩壊」という書籍を読みました。

友人にこの本面白いよ、と言ったら、いまさら言われるまでもなく崩壊してるんじゃないとの返答が・・・

それはおいておくものとして、現役の役人がよくもまあここまで書いたもんだと感心します。それ故に、本人がなんと書いていようとも、エリートコースから外れた官僚による暴露本と言われてしまうものかもしれません。

すべてが真実かは一民間人の私には判断しかねますが、政治家と霞ヶ関の官僚の実態はほぼこの本に書かれているような感じなのではないかと思います。
例えば、キャリア官僚は一度ある省庁に配属されると(天下って?)官僚をやめるまでその省庁の人間であり続けるのでXXX省の人間という感じになり、各省庁の省益・権益を増やすのができる官僚として評価されるそうです。

このような縦割り組織の弊害の一例として、幼稚園は文部科学省、保育所は厚生労働省の所管で、それぞれの省が自分たちの利益を考えたので二つできたとし、それぞれが独自の政策を打ち出すので待機児童が減らないという最悪の結果を招いているとされています。

縦割り組織の弊害解消として提案しているのは「内閣人事局の創設」で、全政府的見地から人事を一元管理する仕組みを筆者は提案しています。

この他、色々と生々しい話が述べられており、個人的には非常に興味深い内容でした。

日々成長

関連記事

  1. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  2. エクスペディア(Expedia)の海外航空券は安いのか?

  3. オイルシェールの天然ガス化

  4. 東京三菱UFJ銀行の国債保有残高-企業や個人への貸付残高を上回る…

  5. 日本株の上昇を牽引しているのはやはり・・・

  6. 電力不足の不可解ー日本版WSJより

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る