menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

災害損失の追加計上額の計上区分―東急レクリエーション

3月決算の会社においては「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号)が今期から適用開始されたことによって、前期特別損失で計上した引当金の見積差額が発生した場合に特別損益で調整を行うのか、営業外損益で調整を行うべきなのかについては以前に何回か触れました。

特別損失で計上した引当金(例えば災害損失引当金)の見積差額が生じた場合は、それが誤謬によるものでない限りにおいては特別損益項目として調整していいというのが大勢の意見のようです

東急レクリエーション(東二)は7月29日に「特別損失の計上に関するお知らせ」として、3月に計上した東日本大震災関連の損失を精査した結果85百万円を2Q(12月決算のため)に追加で計上する旨の発表をしています。
傾向として決算発表は昨日くらいかなと思っていたのですが、決算短信がアップされていないので今日なのかもしれません。

特別損失項目がなくなったわけではないので、追加の計上だと直感的に特別損失という感じがしますが、よくよく考えてみると前期に計上した見積額の修正ということになるので、営業外損益として計上すべきではないかという議論の対象になるのは同じだと考えられます。

結果として特別損失として追加計上するようですので、仮に引当が過大であった場合の戻入はやはり特別利益という実務になると考えてよいように思います。

日々成長。

関連記事

  1. 5990506_xl

    計算書類-「会計方針の変更に変更に関する注記」というタイトルは必…

  2. 監査法人にガバナンスコードを導入?

  3. グループ法人税(その3)-譲渡損益調整資産とは?

  4. 期中に連結子会社がなくなったら期末の連結財務諸表作成は不要?

  5. 25168572_xl

    年金資産の内訳作成時の留意事項(金融庁より)

  6. グループ法人税(その4)-繰延譲渡損益の実現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る