menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  2. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  3. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  4. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  5. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  6. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  7. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  8. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  9. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  10. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

米国債の格下げ-S&P

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、米国債の長期信用格付けを最高の「トリプルA」から1段階引き下げたと発表しました。

リポートに盛り込まれた将来の米財政赤字額の予想に約2兆ドルの大きなズレがあったということで、米政府がクレームをつけということですが、S&Pはこのズレがなくても格下げに影響はないとしています。仮に影響があったとしても、影響があったとはいえないと思いますが・・・

日銀が為替介入を実施し少し円安になりましたが、徐々に77円代に近づいてきており、介入の影響が打ち消されてしまうのではないかと思います。
日銀はドル買を実施しているので、財政が悪化した国の通貨の保有量を増加させるという結果となり(日本よりはましという考え方はありますが)、皮肉な感じがします。

日本、アメリカ、中国、ヨーロッパ、一番先に本格的な混乱を迎えるのはどこになるのか、あるいは、なんだかんだいってこのまま何も起こらないのか・・・

ただ何かが起こった時に、あたふたしないために何をしておくべきかについては考えておく必要があるのではないかと思います。
住宅ローンを変動金利で組んでいて、固定金利への切り替えを考えたときには8%というようなことになってしまうと致命的です。

週明けの市場に注目です。

日々成長。

関連記事

  1. 高福祉=幸せか?(世界一幸せな国デンマークについて)

  2. 中小企業金融円滑化法終了カウントダウン-2013年2月利用後倒産…

  3. 「藤子・F・不二雄ミュージアム」は成功するのだろうか?

  4. インフレは来るのか来ないのか?

  5. スタバカードもオートチャージ可能になってました

  6. 「国税記者 実録マルサの世界」-田中周紀著

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る