menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 条件付対価返還の会計処理を明確化する方向で検討
  2. 日産自動車の経営者って・・・
  3. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  4. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  5. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  6. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  7. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  8. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  9. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  10. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?

社用車で自損事故を起こして、修理代金がそこそこかかりそうなので自動車保険を利用することにした会社がありました。

この自動車保険は、免責金額が5万円に設定されていたため、ディーラーから免責金額分(5万円)の請求が会社に直接来ました。残りの金額は保険会社からディーラーに直接支払われるということでした。

ディーラーから送付されてきた請求書をみると請求額5万円に対して「(うち消費税 0円)」となっていました。

ん???
免責金額部分の5万円は不課税取引として消費税はかからないの???

単純に考えると、免責部分の5万円は自分で負担した修理代金と考えられるので消費税の課税取引として処理してもいいように思えます。
保険取引の一環で追加の保険料のようなものと考えて不課税取引ということも考えられます。

仮に実際の修理代金が105万円で、免責金額5万円だけを支払ったという取引を分解して考えてみると、本来は修理業者に105万円の支払を行う一方で、保険会社から保険金を100万円受け取るという取引になると考えられます。

実際には、会社は免責部分の5万円を保険会社あるいは修理業者に払い、残額は保険会社から支払が行われることになります。

このように考えれば、受け取った保険金は不課税取引となり、一方で修理代金105万円か課税取引となると考えられます。

この考え方で処理することが可能かどうかは、以下のように結構大きな影響があります。

平成23年改正による95%ルールが適用されない会社にとっては、課税売上割合が低下してしまいますが、今回の例で考えると③の方法で処理すれば、損益に与える影響が0である上、実際に支払った5万円は全額仮払消費税として処理が可能となります。

週明けにでも税務署に聞いてみようと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 消費税(その8)-個別対応方式勘定別留意点2

  2. グループ法人税(その6)-寄付金

  3. 消費税(その10)-個別対応方式勘定別留意点4

  4. 扶養控除等申告書には個人番号を記載しないという選択肢もあるようで…

  5. 契約書の交付日が指定日後でも経過措置の適用は可能

  6. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る