menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の実務対応報告が公表されました
  2. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が「資本…
  3. 2017年IPOは96社(続編)
  4. 平均功績倍率1.5倍までは許容範囲?-役員退職慰労金
  5. 4月1日に施行されるフェア・ディスクロージャールールとは?
  6. 偽造印紙が発見されたそうです
  7. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)
  8. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?
  9. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?
  10. 2017年監査での課徴金トップ5など
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

9ドット-アイスブレーク

研修などのアイスブレークとしても使える9ドットというものを紹介します。クイズとして出題されることも多いのでご存じの方も多いかもしれませんが・・・

「以下の等間隔にある以下の9つの点を一筆書きの4本の直線で通るような方法を考えて下さい」というものです。

少し考えてみてください。

アイスブレーク的に、この問題の趣旨を述べるなら、既成概念にとらわれず枠組みを大きくすることを気づかせるというにあります。

解答は以下のようになります。

ポイントは、9つの点の外側を使えるかどうかです。多くの場合は9つの点の正方形の中で考えてしまうのではないかと思います。

最初にも書きましたが、上記の問題はクイズとして出題されることも多いので、研修時等に使用すると知っている方がいることもあります。
そのような場合には、上記の問題を知ってるという方には、上記の問題で4本ではなく3本を考えてもらうといいのではないかと思います。 3本というのは、あまり知られていないようです。

関連記事

  1. 監査法人でも導入され始めた変形労働制とは?

  2. パートタイム就業規則変更にあたり意見聴取すべき相手は?

  3. 17年1月1日施行の育児介護休業法改正内容を確認(その1)

  4. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?

  5. 「労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応」-不利益変更…

  6. 健康診断の受診時間は労働時間か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る