menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  2. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  3. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  4. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  5. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  6. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  7. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  8. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  9. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
  10. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場合の取…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

9ドット-アイスブレーク

研修などのアイスブレークとしても使える9ドットというものを紹介します。クイズとして出題されることも多いのでご存じの方も多いかもしれませんが・・・

「以下の等間隔にある以下の9つの点を一筆書きの4本の直線で通るような方法を考えて下さい」というものです。

少し考えてみてください。

アイスブレーク的に、この問題の趣旨を述べるなら、既成概念にとらわれず枠組みを大きくすることを気づかせるというにあります。

解答は以下のようになります。

ポイントは、9つの点の外側を使えるかどうかです。多くの場合は9つの点の正方形の中で考えてしまうのではないかと思います。

最初にも書きましたが、上記の問題はクイズとして出題されることも多いので、研修時等に使用すると知っている方がいることもあります。
そのような場合には、上記の問題を知ってるという方には、上記の問題で4本ではなく3本を考えてもらうといいのではないかと思います。 3本というのは、あまり知られていないようです。

関連記事

  1. 節電による消灯と労働安全衛生法違反の可能性

  2. 前後の休職の通算と就業規則

  3. 有給休暇の買取は違法か?

  4. 「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」を…

  5. 風疹の予防接種を就業規則で義務化できるか

  6. 働きやすい会社ランキング2012(日経新聞社)-追記1(上位10…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る