menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. インボイス制度の消費税端数処理はインボイス単位でしか認められない
  2. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より
  3. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社
  4. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?
  5. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです
  6. 株式譲渡契約時の未払租税債務について売主に賠償命じる判決
  7. 攻めのIT経営銘柄が攻めすぎた件
  8. 法人が収受した立退料の消費税の取扱いは?
  9. 平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になって…
  10. 山梨県のぶどうの樹はやはり財産評価額も高くなるのか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は成功するのだろうか?

電車内の広告を目にした方も多いのではないかとおもいますが、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムが本日オープンしたそうです。

日時指定の完全予約制ということから、三鷹にあるジブリ美術館を連想させます。
入園料を比較してみると、以下のようになっています。

内容が異なるので単純比較はできませんが、基本的な価格構成は似ているものの「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の方が若干割高ということになります。

私もそうですが、藤子不二雄のアニメを見て(あるいは漫画を読んで)育ったという人は多いと思いますし、「ドラえもん」など継続しているものもあるので自分の子供も「ドラえもん」が好きだというケースもあり、親子で楽しめるということはあるかもしれません。

この手の施設がうまくいくかは、結局のところどれだけリピーターを獲得できるかによるといえます。熱烈なジブリファンと同じように熱烈な藤子不二雄ファンがいるのかがポイントとなりそうです。個人的は少し厳しいのではないかと思いますが・・・

このミュージアムのオープンに関連して今朝テレビで「ドラえもん」が特集されていました。最近の「ドラえもん」を見たことがなかったのですが、私の知っているドラえもんとは随分雰囲気が変わっていて残念な気がしました。
うまく言えませんが、20年前のドラえもんは20年後の子供が読んでも面白いと思うのではないかと思いますが、今のドラえもんは今の子供しか楽しめないのではないかというような感じがしました。

私も一度は?「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってみたいと思います。また行きたいと思える内容であってほしいと思っています。

↓ドラえもんが未来に帰ってしまうとう話がこの巻だった気が・・・。昔家にあって何度も読んだんですが、遠い記憶で定かではありません。

日々成長。

関連記事

  1. 新成人

  2. ストーリーとしての競争戦略

  3. オイルシェールの天然ガス化

  4. 「2012年、日本経済は大崩壊する!」?

  5. 増税なき復興債発行の可否について(その2)

  6. 切手の大量購入と換金も典型的な不正手段でありますが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る