menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は成功するのだろうか?

電車内の広告を目にした方も多いのではないかとおもいますが、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムが本日オープンしたそうです。

日時指定の完全予約制ということから、三鷹にあるジブリ美術館を連想させます。
入園料を比較してみると、以下のようになっています。

内容が異なるので単純比較はできませんが、基本的な価格構成は似ているものの「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の方が若干割高ということになります。

私もそうですが、藤子不二雄のアニメを見て(あるいは漫画を読んで)育ったという人は多いと思いますし、「ドラえもん」など継続しているものもあるので自分の子供も「ドラえもん」が好きだというケースもあり、親子で楽しめるということはあるかもしれません。

この手の施設がうまくいくかは、結局のところどれだけリピーターを獲得できるかによるといえます。熱烈なジブリファンと同じように熱烈な藤子不二雄ファンがいるのかがポイントとなりそうです。個人的は少し厳しいのではないかと思いますが・・・

このミュージアムのオープンに関連して今朝テレビで「ドラえもん」が特集されていました。最近の「ドラえもん」を見たことがなかったのですが、私の知っているドラえもんとは随分雰囲気が変わっていて残念な気がしました。
うまく言えませんが、20年前のドラえもんは20年後の子供が読んでも面白いと思うのではないかと思いますが、今のドラえもんは今の子供しか楽しめないのではないかというような感じがしました。

私も一度は?「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってみたいと思います。また行きたいと思える内容であってほしいと思っています。

↓ドラえもんが未来に帰ってしまうとう話がこの巻だった気が・・・。昔家にあって何度も読んだんですが、遠い記憶で定かではありません。

日々成長。

関連記事

  1. 東京電力をこのまま存続させることは妥当なのか??

  2. 2013年9月の金融円滑化法利用後倒産が過去最高を記録-帝国デー…

  3. 結局オリンパスの上場は維持されそうです

  4. 『「評判」はマネジメントせよ』-ダニエル・ディマイアー著

  5. 銀行の住宅ローン残高は右肩上がり

  6. ヤマダ電機の一撃により約25億円の投資有価証券評価損計上を迫られ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る