menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期よりKAM導入で監査基準改訂
  2. 取締役就任時の慰労金特約が持つ意味は?
  3. 2017年4月から2018年2月期の会計方針の変更は29社・30件
  4. 一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです
  5. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  6. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  7. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  8. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  9. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  10. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

働きやすい会社ランキング-日経新聞社

日経新聞社が2011年の働きやすい会社ランキングを発表しました。

総合順位の上位10位は以下のようになっています。

1位 ソニー(前回1位)

2位 日立製作所(前回4位)

3位 東芝(前回2位)

4位 パナソニック(前回3位)

5位 ダイキン工業(前回7位)

6位 富士フイルム(前回9位)

7位 キヤノン(前回29位)

8位 日本IBM(前回8位)

9位 資生堂(前回43位)

10位 損害保険ジャパン(前回14位)

11位以下については、”働きやすい会社ランキング2011(追加)-上位50社など”で追記したのでそちらをご覧ください。

総じて超有名企業ばかりですが、各社ともグループではなく単体だと思いますので、そうだとするとやはりこのような企業に就職しようとすると、かなり狭き門といえそうです。特にパナソニックなどは採用の8割を外国人とするとしていますので、日本の大学を卒業して就職しようとすれば相当厳しいといえそうです。

外から見てると最近あまり冴えてないと感じるソニーですが、昨年に引き続き1位というのは正直意外ですが、「人材の採用・育成」「多様な人材の活用」で堂々の1位を獲得しています。
そうだとすると最近のソニーの低迷はしっくりこないですが。人材をうまく活用できていないということなんでしょうか?ストリンガーCEOがいまいちってことかもしれません。

この他資生堂が前回44位から大きく順位を上げ9位にランクされています。評価が高いのは「多様な働き方への配慮」で、この項目で1位にランクされています。育児・介護休業の取得率が高いことなどが評価されたようです。

個人的には、グループ全体のランキングというようなものがあれば面白いと思います。親会社のランクと子会社のランクは果たして相関が強いのでしょうか・・・

日々成長

関連記事

  1. 風疹の予防接種を就業規則で義務化できるか

  2. 年度中に所定労働時間が変更になった場合の時間単位有給時間数はどう…

  3. 内定者に労働条件を明示すべきタイミングはいつ?

  4. 数ヶ月間のリハビリ出勤期間を無給とすることは可能か?

  5. 労働保険の年度更新-そろそろ期限です(7月11日)

  6. 雇用保険法等の改正(平成28年)-その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る