menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

働きやすい会社ランキング-日経新聞社

日経新聞社が2011年の働きやすい会社ランキングを発表しました。

総合順位の上位10位は以下のようになっています。

1位 ソニー(前回1位)

2位 日立製作所(前回4位)

3位 東芝(前回2位)

4位 パナソニック(前回3位)

5位 ダイキン工業(前回7位)

6位 富士フイルム(前回9位)

7位 キヤノン(前回29位)

8位 日本IBM(前回8位)

9位 資生堂(前回43位)

10位 損害保険ジャパン(前回14位)

11位以下については、”働きやすい会社ランキング2011(追加)-上位50社など”で追記したのでそちらをご覧ください。

総じて超有名企業ばかりですが、各社ともグループではなく単体だと思いますので、そうだとするとやはりこのような企業に就職しようとすると、かなり狭き門といえそうです。特にパナソニックなどは採用の8割を外国人とするとしていますので、日本の大学を卒業して就職しようとすれば相当厳しいといえそうです。

外から見てると最近あまり冴えてないと感じるソニーですが、昨年に引き続き1位というのは正直意外ですが、「人材の採用・育成」「多様な人材の活用」で堂々の1位を獲得しています。
そうだとすると最近のソニーの低迷はしっくりこないですが。人材をうまく活用できていないということなんでしょうか?ストリンガーCEOがいまいちってことかもしれません。

この他資生堂が前回44位から大きく順位を上げ9位にランクされています。評価が高いのは「多様な働き方への配慮」で、この項目で1位にランクされています。育児・介護休業の取得率が高いことなどが評価されたようです。

個人的には、グループ全体のランキングというようなものがあれば面白いと思います。親会社のランクと子会社のランクは果たして相関が強いのでしょうか・・・

日々成長

関連記事

  1. 新人歓迎会での余興命令はパワハラになる可能性があるので要注意

  2. 流産であっても場合によっては出産育児一時金は受給可能

  3. 残業代ゼロよりも注目すべきはフレックスタイム制の見直しでは?

  4. 平成28年度労働保険年度更新手続の変更点等

  5. 届出が必要な労使協定は?-労使協定の種類と届出の要否まとめ

  6. 精神障害を事由とする労災申請(その4)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る