menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主総会開催を決算日後4ヵ月以内とする事例がでてきました
  2. 企業型DC導入に伴う減額改定は役員給与の「臨時改定事由」に該当せず
  3. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  4. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  5. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  6. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  7. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  8. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  9. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  10. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

国と地方の借金がついに個人金融資産を上回る?

読売新聞(9月18)から以下のような記事が配信されていました。

「五十嵐文彦財務副大臣は18日、テレビ朝日の番組に出演し、日本銀行が20日発表する6月末の統計で、国と地方自治体の借金の総額が、国内の個人の金融純資産額を初めて上回る可能性があるとの見通しを示した
五十嵐氏は「今年の(個人)金融資産は伸びていない」と指摘し、双方の数字が「クロスする可能性がある」と述べた。
五十嵐氏が指摘したのは、日銀が発表する2011年4~6月期の資金循環統計(速報値)で、個人の金融資産から負債を引いた「純資産」と、国・地方の中長期債務残高に政府短期証券などを加えた「借金の総額」についてだ。
個人金融純資産と国・地方の借金の差は縮まっている。3月末時点では個人金融純資産(1110兆円)に対する中長期債務残高(894兆円)と政府短期証券などの合計は1045兆円だった。」

もちろん法人部門も金融資産を抱えていますが、国債の消化能力といった点ではやはりかなり危険な感じがします。

ただ、野田首相になって増税路線を打ち出した直後にこの話がタイミングよく出てくるとなんだか疑わしい気がするのは私だけでしょうか?

「復興財源は今を生きる世代で連帯し負担を分かち合う?」というのは、当然だとおもいますが、だとすれば現役世代の社会保障を将来世代に負担させようとすると社会保障の在り方についても早急に見直さなければならないのではないかと思います。
今の状況を考えると「毎日元気に通院する患者」って笑えないですよね。

日々成長。

関連記事

  1. 23区格差ー池田利通著

  2. 結局オリンパスの上場は維持されそうです

  3. 日銀の金融緩和を考える-資産効果は期待できるのか?

  4. 2013年9月の金融円滑化法利用後倒産が過去最高を記録-帝国デー…

  5. 企業財務会計士とは?

  6. 海外で安くiPhoneを使うには・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る