menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年中の会計監査人の交代は118社
  2. 確定申告の時期ですが、電商チームの調査があることを意識しましょう
  3. RPA導入側の会計処理
  4. スマホの耐用年数は何年?
  5. 会計監査担当者のインターバル期間が改正予定
  6. 税効果注記公開草案どおり決着したようです
  7. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?
  8. ICOの会計処理事例
  9. 労働保険料の概算保険料の損金算入時期
  10. 「資本の払い戻し部分」に「利益配当」が含まれる結果となれば政令は違法・…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

最近1週間読まれている記事を表示するプラグイン-WordPress

先週WP-PostViewsというプラグインを導入し、サイドバーに閲覧数の多い記事を表示するようにしていましたが、このプラグインだと累計の閲覧数が多いものが表示されます。

たまに「今日読まれている記事」とか「今週読まれている記事」が表示されているサイトを見かけてこんな感じで表示できればいいなと思っていましたが、Wordpress Popluar Postsというプラグインを利用すればそれが実現できることが分かりました。

導入方法は簡単で、以下のサイトからプラグインのファイルをダウンロードします。

http://wordpress.org/extend/plugins/wordpress-popular-posts/

他のプラグインと同様に、ダウンロードしたZipファイルを解凍し、アップロードし、管理画面のプラグインでWordPress Popluar Postsを有効化します。

ウィジェットの設定画面に、”Wordpress Popluar Posts”ができているはずなので、自分が設置したい箇所に配置します。
Titleを自分の表示したい内容に変更し、Time rangeを選択します。私の場合はとりあえず直近7日間を選択しましたが、このほか”today”、”Last 30days”、”All time”とあります。

最低限やることはこれだけです。あとは細かなチェックボックスがありますが、これはおいおい試して行こうと思います。

なお、導入直後から集計が始まるので、導入直後は以下のように表示されることになります。

やはりプラグインは便利ですね。

日々成長

関連記事

  1. WordPress カテゴリー画面のカスタマイズ-その2

  2. WordPressのリダイレクト方法

  3. ブログデザインの変更

  4. 「いいね」ボタンのプラグインを変更しました

  5. 約5000件のサイト改ざんが発生したようです

  6. カテゴリーの階層化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る