menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 過度の私的なチャットに要した時間も労働時間?
  2. 共有持分の放棄により取得した資産を譲渡したときの譲渡所得計算時の取得費…
  3. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)
  4. 数年前の慶弔見舞金申請があった場合、会社は支払わなければならないか?
  5. 2017年1月~10月のIPO-市場・業種・監査人の傾向は変わらず
  6. 平成30年税制改正要望の自社株対価TOBは親会社株式も対象になる可能性…
  7. 平成29年度税制改正後も1円ストックオプションは損金算入OKとありまし…
  8. マイナス金利下の退職給付債務の割引率は3月以降も延長されるようです
  9. 役員給与過大認定の審判所の着眼点とは?
  10. 一部の新興国等ではPEなくても国内源泉所得として事業所得に課税
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

最近1週間読まれている記事を表示するプラグイン-WordPress

先週WP-PostViewsというプラグインを導入し、サイドバーに閲覧数の多い記事を表示するようにしていましたが、このプラグインだと累計の閲覧数が多いものが表示されます。

たまに「今日読まれている記事」とか「今週読まれている記事」が表示されているサイトを見かけてこんな感じで表示できればいいなと思っていましたが、Wordpress Popluar Postsというプラグインを利用すればそれが実現できることが分かりました。

導入方法は簡単で、以下のサイトからプラグインのファイルをダウンロードします。

http://wordpress.org/extend/plugins/wordpress-popular-posts/

他のプラグインと同様に、ダウンロードしたZipファイルを解凍し、アップロードし、管理画面のプラグインでWordPress Popluar Postsを有効化します。

ウィジェットの設定画面に、”Wordpress Popluar Posts”ができているはずなので、自分が設置したい箇所に配置します。
Titleを自分の表示したい内容に変更し、Time rangeを選択します。私の場合はとりあえず直近7日間を選択しましたが、このほか”today”、”Last 30days”、”All time”とあります。

最低限やることはこれだけです。あとは細かなチェックボックスがありますが、これはおいおい試して行こうと思います。

なお、導入直後から集計が始まるので、導入直後は以下のように表示されることになります。

やはりプラグインは便利ですね。

日々成長

関連記事

  1. WordPress3.0のバックアップ

  2. 人気のある記事を表示するプラグイン-「WP-PostViews」…

  3. WordPress3.0でページごとに表示件数を変更するプラグイ…

  4. WordPress Popular Postsの順位(ページカウ…

  5. WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する…

  6. ブログデザインの変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る