menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず
  2. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率
  3. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  4. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  5. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  6. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  7. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  8. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  9. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  10. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress Twentytenでサイドバーの幅を変更するには?

サイドバーに広告を表示していますが、表示したい広告の幅が234pxで、twentytenのデフォルトのサイドバーの幅だと途中で切れてしまうことがわかりました。

そこまでしなくてもと思う反面、「社会人&学生のための大学・大学院net」はなかなか面白いので是非バナーを張り付けたいという希望もあって調べてみました。

まず、表示形式はstyle.cssというファイルで定められており、サイドバーの幅もこのファイルで定められているということがわかりました。
次に、styele.cssを直接直してもいいのですが、子テーマを作るという方法を採用すると、オリジナルのstyle.cssをそのままにしたうえで、変更したい部分のみを優先的に適用するということが可能ということもわかりました。

まず、私にはイメージしにくかった子テーマですが、やることを先に簡単にまとめると以下のようになります。
①wp-contentフォルダのthemes?ファルダの中に適当な名称のフォルダを一つ作成する。
②そのフォルダ(私の場合は”sub 2010″というファルダ)にtwentytenのstyel.cssをコピーする。
③ オリジナルのstyel.cssを変更したい部分だけ変更していらない部分は削除する。

原理的には、子テーマのstyel.cssで設定されていない部分はtwentytenのオリジナルのstyel.cssを基本的に読み込むというようにするということのようです。

まず、子テーマで設定していない部分はtwentytenのstyel.cssを使用するようにするため、”@import url(“../twentyten/style.css”);?”を加えます。
私の場合は、オリジナルのファイルの冒頭を以下のように変更しました。

次に、オリジナルのファイルで62行目くらいにあるLAYOUT Two columsという部分で記事とサイドバーの配置を定めていることがわかったので、20pxずつ拡大するようにしました。
具体的には以下のようになっています。

オリジナルのファイルでは、-260pxが-240px、300pxが280px、240pxが220pxになっています。

最後にオリジナルのファイルで154行目くらいにある Structure以下が全体の幅等を定めている部分なので、この幅を20px拡大します。
具体的には#wrapperのwidthを940pxから960pxに20px拡大しました。
正直関係はよくわかりませんが、上記とここで調整する数値を同じだけ調整するという方針で変更しました。
コードは以下のようになっています。

以上で終了です。上記のとおり、その他のいらない部分はすべて削除していますが、上記以外の部分についてはオリジナルのファイルを読み込んでいるためちきんと動作するようです。

日々成長

関連記事

  1. WordPressの自動更新

  2. テーマ(ブログの外観)の入れ替えを目論んでいますが・・・

  3. WordPress カテゴリー画面のカスタマイズ-その2

  4. WordPressのリダイレクト方法

  5. ブログデザインの変更

  6. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る