menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. QRコード利用の納付が可能に
  2. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?
  3. 不適正開示の発生傾向
  4. 税務当局による情報提供要請権限が拡充へ
  5. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  6. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  7. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  8. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  9. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  10. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

エクスペディア(Expedia)の海外航空券は安いのか?

海外ホテルの予約サイトのエクスペディア(Expedia)で航空券も販売されているのには気づいていましたが、たまたま時間があったので安いのかどうか試しに調べてみました。

個人的にあまり先の航空券を予約することはないので、1か月後(ハワイ・ホノルル)、3か月後(ニュージーランド・クライストチャーチ)、6か月後(カナダ・バンクバー)で調べてみました。

確認した対象は、①エクスペディア、②Free Bird、③スカイゲート、④TORNOSで、確認時に空席がある最安値の航空券の金額です。

(1)1か月後(ホノルル) 往路:11月26日(土)、復路:12月3日(土)

①エクスペディア CHINA AIRLINES 80,000円
②Free Bird CHINA AIRLINES 87,100円
③スカイゲート DELTA 105,250円
④TORNOS CHINA AIRLINES 80,000円

(2)3か月後(クライストチャーチ) 往路:1月28日(土)、復路:2月4日(土)

①エクスペディア JAL+ニュージーランド航空 170,810円
②Free Bird ニュージーランド航空 189,930円
③スカイゲート JAL 176,060円
④TORNOS JAL+ニュージーランド航空 170,810円

(3)6か月後(バンクーバー) 往路:3月24日(土)、復路:3月31日(土)

①エクスペディア JAL 118,740円
②Free Bird JAL 124,950円
③スカイゲート DELTA 125,130円
④TORNOS JAL航空 117,850円

他にも、格安航空券のサイトはあると思いますが、空席のある航空券が探しにくかったりして使い勝手がよくなかったりします。
以上の結果からすると、上記の4サイトでは、エクスペディアが最安値という結果になりましたが、TORNOSもJTBがやっている割にほぼ差はありません。他の路線で調べれば逆転することもあると考えられます。

海外ホテルの予約サイトというイメージでしたが、航空券の予約にも利用する余地がありそうです。

Expediaはこちら

日々成長。

関連記事

  1. クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうで…

  2. 2014年賃上げ見込み-定昇込みで2.1%もそれじゃ手取りはマイ…

  3. 中小企業金融円滑化法は延長されるのか?

  4. 多数決は正しい?データからは問題なさそうな英国がEUを離脱した今…

  5. 結局オリンパスの上場は維持されそうです

  6. スタバカードもオートチャージ可能になってました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る