menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

エクスペディア(Expedia)の海外航空券は安いのか?

海外ホテルの予約サイトのエクスペディア(Expedia)で航空券も販売されているのには気づいていましたが、たまたま時間があったので安いのかどうか試しに調べてみました。

個人的にあまり先の航空券を予約することはないので、1か月後(ハワイ・ホノルル)、3か月後(ニュージーランド・クライストチャーチ)、6か月後(カナダ・バンクバー)で調べてみました。

確認した対象は、①エクスペディア、②Free Bird、③スカイゲート、④TORNOSで、確認時に空席がある最安値の航空券の金額です。

(1)1か月後(ホノルル) 往路:11月26日(土)、復路:12月3日(土)

①エクスペディア CHINA AIRLINES 80,000円
②Free Bird CHINA AIRLINES 87,100円
③スカイゲート DELTA 105,250円
④TORNOS CHINA AIRLINES 80,000円

(2)3か月後(クライストチャーチ) 往路:1月28日(土)、復路:2月4日(土)

①エクスペディア JAL+ニュージーランド航空 170,810円
②Free Bird ニュージーランド航空 189,930円
③スカイゲート JAL 176,060円
④TORNOS JAL+ニュージーランド航空 170,810円

(3)6か月後(バンクーバー) 往路:3月24日(土)、復路:3月31日(土)

①エクスペディア JAL 118,740円
②Free Bird JAL 124,950円
③スカイゲート DELTA 125,130円
④TORNOS JAL航空 117,850円

他にも、格安航空券のサイトはあると思いますが、空席のある航空券が探しにくかったりして使い勝手がよくなかったりします。
以上の結果からすると、上記の4サイトでは、エクスペディアが最安値という結果になりましたが、TORNOSもJTBがやっている割にほぼ差はありません。他の路線で調べれば逆転することもあると考えられます。

海外ホテルの予約サイトというイメージでしたが、航空券の予約にも利用する余地がありそうです。

Expediaはこちら

日々成長。

関連記事

  1. 「第二会社方式」とは?(その2)

  2. 2012年11月の金融円滑化法利用後倒産件数はやや減少―帝国デー…

  3. 期間限定消費税3%UPは悪くないのでは?

  4. 天然ガスの可能性

  5. facebookのページを簡単に作れるアプリ-neo appsu…

  6. 2015年明るい年になるとよいですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る