menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

トレーダーの本音-世界を支配しているのは政府ではなくゴールドマンサックス?(BBC)

You Tubeに面白い映像があったので紹介します。BBCのキャスターがトレーダーにヨーロッパの救済策について質問しているものです。

http://www.youtube.com/watch?v=NuMkXV0243g

この中でインタビューを受けているトレーダーは赤裸々に本音を語っています。英語なので理解が誤っているかもしれませんが内容を要約すると以下のような感じ(だと思います)。

巨大ファンドやヘッジファンドは今回の救済策で買に回ることはなく、むしろ株式市場は終わっているということが分かっているのでこの救済策が機能することはありえないとして言っています。
その上で、このトレーダーは、自分はトレーダーだから世の中の混乱なんか気にならないし、経済をどのように立て直すのかということにも関心がない。トレーダーの仕事はこのような状況から金を稼ぐことで、機会があればそれを利用して金を稼ぐだけだと言っています。むしろ、このトレーダーは今回のような状況を3年も心待ちにしていたと告白しています。

さらに続けて、今回のような景気後退局面でもそれに備えてヘッジなどで正しく準備できていれば金儲けの機会になりうると説明しています。その上、今回の危機は癌みたいなもので治るだろうを待っていたら手遅れになるだけだとし、準備する必要があると説明しています。

この後、ここまで言わなくてもという発言を続けます。政府が世界を支配しているのではなく、ゴールドマンサックスが世界を支配しているのだと。。。そしてゴールドマンサックも他のビックファンドも今回の救済策なんか気にしていないと・・・

最後にトレーダーでなくても今回のような状況から設けることができるので、儲ける方法を学び行動すべきで、何もしないことが最大のリスクだとメッセージを送っています。

本音すぎて、すがすがしいですね。
三井住友フィナンシャルがプロミスを100%子会社にするそうですが、普通の貸出先が見つからないから消費者金融で儲けるしかないんだ!というようなもんですかね・・・

日々成長

 

関連記事

  1. <林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫

  2. 多数決は正しい?データからは問題なさそうな英国がEUを離脱した今…

  3. ストーリーとしての競争戦略

  4. 国の借金が1000兆円を突破

  5. 東京電力をこのまま存続させることは妥当なのか??

  6. 日米同時上場のLINEーIPO時に異なる監査法人の監査報告書がつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る