menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?
  2. 適時開示PDF資料のプロパティに要注意
  3. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か
  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)
  5. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討
  6. 子会社である法人が留意すべき法人税実務
  7. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普通解雇…
  8. 労働契約締結前の労働条件の明示内容等の改正(平成30年1月1日施行)
  9. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?
  10. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

トレーダーの本音-世界を支配しているのは政府ではなくゴールドマンサックス?(BBC)

You Tubeに面白い映像があったので紹介します。BBCのキャスターがトレーダーにヨーロッパの救済策について質問しているものです。

http://www.youtube.com/watch?v=NuMkXV0243g

この中でインタビューを受けているトレーダーは赤裸々に本音を語っています。英語なので理解が誤っているかもしれませんが内容を要約すると以下のような感じ(だと思います)。

巨大ファンドやヘッジファンドは今回の救済策で買に回ることはなく、むしろ株式市場は終わっているということが分かっているのでこの救済策が機能することはありえないとして言っています。
その上で、このトレーダーは、自分はトレーダーだから世の中の混乱なんか気にならないし、経済をどのように立て直すのかということにも関心がない。トレーダーの仕事はこのような状況から金を稼ぐことで、機会があればそれを利用して金を稼ぐだけだと言っています。むしろ、このトレーダーは今回のような状況を3年も心待ちにしていたと告白しています。

さらに続けて、今回のような景気後退局面でもそれに備えてヘッジなどで正しく準備できていれば金儲けの機会になりうると説明しています。その上、今回の危機は癌みたいなもので治るだろうを待っていたら手遅れになるだけだとし、準備する必要があると説明しています。

この後、ここまで言わなくてもという発言を続けます。政府が世界を支配しているのではなく、ゴールドマンサックスが世界を支配しているのだと。。。そしてゴールドマンサックも他のビックファンドも今回の救済策なんか気にしていないと・・・

最後にトレーダーでなくても今回のような状況から設けることができるので、儲ける方法を学び行動すべきで、何もしないことが最大のリスクだとメッセージを送っています。

本音すぎて、すがすがしいですね。
三井住友フィナンシャルがプロミスを100%子会社にするそうですが、普通の貸出先が見つからないから消費者金融で儲けるしかないんだ!というようなもんですかね・・・

日々成長

 

関連記事

  1. ”なぜ、私はBMWを3日に1台売ることができたのか”-飯尾昭夫 …

  2. グリーが定款を変更し不動産業へ進出?

  3. 中国経済のバブルは継続するか?(その1)

  4. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  5. 「第二会社方式」とは?(その1)

  6. クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る