menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

下位5%評価で退職勧奨!-サイバーエージェント社

昨日Yahooのニュースに”「下位5%」評価2回で退職勧奨 サイバー藤田晋社長のミスマッチ制度”という記事が載っていました。

すごい制度だなと思って内容を見てみると、上記の要件に該当した場合には「部署異動または退職勧奨を選択してもらう」という制度のようで、必ず退職勧奨というわけではないというもので、記事のタイトルとは大分イメージが違いました。

一番気になるのはこの制度がうまくいくのだろうか?という点ですが、制度の詳細が不明なのでなんとも言えませんが、一般論としてはあまりうまくいかないのではないかと思います。確かに緊張感は高まりますが、6か月に1回の評価ということなので1年間で退職勧奨される可能性があり長期的な視点での取り組みがどの程度できるのか、チームワークに支障をきたさないのか、特に下位10%程度の従業員同士の足の引っ張り合いがおきないのか等気になります。

人事設計上、この辺の対応はきちんと考えられているのだと思いますが、少なくともその従業員を採用したのは会社ですから、ミスマッチとして従業員を切り捨てる前に十分な教育が必要となるものと考えられます。
ただ、「部署異動」であれば適材適所の配置転換というのはどの会社にもあることですし、会社にも従業員にも結果としてよい結果をもたらすことがあり得ます。もっとも、従業員によっては職種へのこだわりが強く他の部署等への配置転換を頑なに拒み結局退職してしまうというケースもあります。

なお、仮に退職勧奨をされたとしても基本的に労働者側はそれに応じる義務はありません。会社が能力不足を理由に従業員を解雇するには、ハードルが相当高く、かといって嫌がらせをしたりして退職を迫れば問題となるので、本人が納得して辞めていくような仕組みが必要になると考えられます。

この制度が今後うまく機能していくのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 障害者雇用納付金の適用範囲拡大ー平成27年4月1日開始

  2. 2015年度新入社員の意識調査

  3. 「障がい者」と「障害者」

  4. 流産であっても場合によっては出産育児一時金は受給可能

  5. 判断基準13224485_xl

    風疹の予防接種を就業規則で義務化できるか

  6. 15380899_xl

    高年齢者雇用安定化法の改正-継続雇用制度の対象者を限定できなくな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る