menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法律を読む技術・学ぶ技術(その1)
  2. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  3. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  4. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  5. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  6. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  7. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  8. 資本金1円の上場企業が急増?
  9. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  10. SMCの「北米疑惑」?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本を見捨てる富裕層-週刊ダイヤモンドより

財源確保のため所得税の増税が検討されていますが、本当の金持ちほどきっちり対策を練るので多少余裕があった層の消費意欲をそぐだけではないかと感じていたところ、2011年10月8日号の週刊ダイヤモンドで「日本を見捨てる富裕層」という特集が組まれていましたので書店で購入しました。

基本的なスタンスは、ジャパンリスク(財政状態や放射能問題)によって富裕層の中では海外への資産移転や移住が増えているという内容です。ちなみに海外脱出を図ろうとする人の一番人気はシンガポールだそうですが、最近は資産移転の条件が厳しくなっているのでより安価に永住権が獲得できるマレーシアが人気になってきているとのことです。

このような富裕層の海外脱出は中国でも増えており、中国で1000万元(約1.2億円)以上の資産を持つ富裕層の約60%が移民ビザを取得したか取得を検討しているそうです。このような富裕層人口が中国でどれだけいるのかについては述べられていませんが、中国はあくまで共産圏ですので、私有財産を築いた富裕層にとっては国がかなりの脅威であることは間違いないのではないかと思います。

なお、シンガポールへの移住方法としては、以下の三つが紹介されていました。

①リタイアした人で資産を12億円以上保有している人は、そのうち6億円をシンガポールに移す
②会社設立費用として700万円くらいかかるが、会社を作って数年経営する
③現地の不動産を購入して滞在ビザ(シンガポール版のリタイアメントビザ)を取得する。なお現地のコンドミニアムは7000万円程度からとのこと。

なかなかハードルは高いです。もっとも富裕層向けなのでそうでもないのか・・・

そもそも富裕層というのはどのレベルからなのかですが、この特集では個人金融資産1億円以上を富裕層、5億円以上を超富裕層としています

どれくらいの人がいると思いますか???

米証券大手メリルリンチと仏コンサルティング会社のキャップジェミニが毎年発表しているレポートによると、2010年の日本の富裕層人口は前年比5.4%も増加したそうです。

気になる人数は、なんと174万人!だというので驚きです。

世界全体では1090万人で、日本人が占める割合は16%になります。そして、世界一は米国の310万人です。なお、日本の場合は、富裕層の9割が45歳を超えているとのことで、日本を除くアジア・太平洋地域では45歳以下の富裕層割合が4割、先進国を含む世界平均でも2割近くは45歳以下というのと比較すると日本では若年層への富の移転が進んでいないといえます。

また、野村総合研究所によると1億円以上の資産をもつ世帯数は90万世帯で、日本全体の世帯に占める割合は1.8%にすぎないにもかかわらず、国内の金融資産の20%超となる254兆円を保有しているそうです。

最近、国の債務残高が個人杞憂資産残高を上回ったというのが話題となりましたが、ざっくりその四分の1位をこれら富裕層が占めているということになるので、彼らの動向が与える影響は大きいと考えられます。

日本国内で、富裕層がどの地域に多いのか等については触れられていませんでしたが、そんな分析も見てみたい気がします。海外移転を考えなければならないくらい資産を築いてみたいものです・・・

日々成長

関連記事

  1. 中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は減少も高水準-帝国データ調…

  2. 住宅ローンの低金利競争

  3. クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうで…

  4. 「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」-CEOを退きました…

  5. スターバックス再生物語

  6. SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る